記事一覧

4回目の台湾旅行記 旗津半島で海鮮料理編

海鮮料理にありつくべく海鮮料理屋がずらーーーっと並んでる通りを歩いても、私たちはビビってなかなかお店が決められない。
いや、日本で海鮮って高いじゃないですか。
例え港町とか築地とかに行っても。

お店の前に100元って書いてある札が掛かってるんだけど、それが一人前なのか100㌘なのか一皿なのか、ワカランチーーーン!!ヽ(`Д´)ノ



でも食べずに帰るのは、なんか悔しい・・。


うろうろしてたらフェリー乗り場の近くまで戻ってきちまいました。


で、意を決して(なんていうたいそうなものではないですが)昼食を過ぎた時間にも関わらず、お客さんがほどよく入っているお店へ。
客引きを積極にしていたので、なんとなく流れに乗って。。
お店の人も少し日本語が出来ました。



333.jpg



336.jpg

こっちは一皿100元




335.jpg

こっちは高いやつ



最初に自分たちで食材を選んで調理法を決めてから席に着きます。



私たちが選んだのは

330.jpg

海老とニンニクの炒め物
かなりニンニクが効いておりました!!
ゴハン欲しいなぁ~・・。





331_20090220230334.jpg

貝とバジルの炒め物

見た目はアサリみたいなんだけど、味がアサリとちょっと違った。
ハマグリ?みたいな甘味があったような・・。





329.jpg

アスパラ炒め
野菜も食べたかったので。
シイタケと豚肉とニンニクと一緒に炒めてある塩味でした。




って、炒めてばっかじゃん!!

蒸す とか 揚げる とか他にも調理法は当然あって、お店のオジチャンがオススメとかしてくれたんですけど、連れが「食」に保守的なため、知らないもの 見た目で味の想像がつかないもの を避ける傾向にあり冒険せず・・。

私は名産らしいシラスのお化けみたいな白身の魚のフライを食べてみたかったんだけど、オススメされた瞬間連れに却下されてしまいました。。

食後にオレンジみたいな果物が出ました。


調理代は別だよね・・?

果物はタダじゃないよね・・?(←ベトカンで「タダなものは無い。」と痛い目にあっているヒト)

いくらとられるのかな・・?(とられるって発想の時点でボッタくられる意識ビシバシであります。)


とお会計でビビっておりましたが、なんとひとつ100元、3品で300元でした!!

なんだなんだ、ビビって損しちゃったぢゃん!さすが明朗会計の台湾!!
ちょっと緊張しちゃってたよ~。
っつーか、やっぱり旅行会話くらいは中国語勉強しないとな。




再びフェリーに乗って戻ります。


フェリーを降りたら、お客さんが並んでいたお店がありました。

339.jpg

ドーナツ屋さん


海鮮料理でそこそこお腹いっぱいだったので一旦スルーしたんですけど、なんとなく気になったのでUターンして買ってみました。



これが大正解!!



338.jpg

外はカリっとサクっと。

中はふわっふわ!!
揚げたてのドーナツはほんのりと自然な甘さですっごく美味しかったです。

この後、台湾で美味しいドーナツを求めるハメに・・。



さて、そろそろ日も暮れてきたので夕日鑑賞のスポットである西子湾海水浴場へ。


途中、道端になにやら敷き詰めてありました。

341_20090220230648.jpg



なんじゃ?なんじゃ??












342.jpg

キャベツ?
















343.jpg

カリフラワー!!??





この旅、最大のナゾ。














347_20090220230723.jpg




360.jpg



夕日はさすがにビューティホー。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

さすが、ただものではありませんね、台湾は???
だから辞められませーーん。けど、キャベツとカリフラワーの敷物はなんだったんでしょーー??それにしても夕陽がなんと美しい!!私も去年台南の夕陽を看ましたが、なーーんにもない、ただ自然しかない、そんな贅沢な光景に
涙がでたものでした。台湾は本当に可愛!!

海鮮もいいですね!

こんばんはー!
全部で300元!!安いしうまそうです!
そしてさすがの台湾明瞭会計~
海鮮だったら私も絶対ビビります。
でもここのお店は全部値段が書いてあって選びやすそうですね!
なんだか私の中で旗津がグググーッときております!!
やっぱり台北以外も行きたいなあ・・・
キャベツとカリフラワーのアート、前衛的ですね。
本当になんなんだろう・・・写真を見た感じ、新鮮なまま使われているのがさらに謎を深めます・・・

mikorinさまへ

お返事大変遅くなって申し訳ございません!!

歩道に敷き詰められたキャベツとカリフラワーは未だにナゾです。。
漁師さんの撒き餌なのか、なんなのか・・。

台南にも夕日の綺麗なスポットがあるのでしょうか。
日本にいるとゆっくり太陽が沈む瞬間を見るなんてこともないので贅沢な体験でしたー。

boneoriさまへ

お返事遅くなって申し訳ありません!!

boneoriさんも次回の台湾では高雄いかがですかー!
暖かくなったらきっと観光客も増えて活気があるんじゃないかと思いますので。
旗津、なかなか面白くてオススメです!!
海鮮のお土産屋さんなどもありましたし、海水浴場も綺麗でしたよー。
海鮮のお店も二人で¥900以下ですからねぇ・・。
明朗会計って素敵ですよね。
あのベトカンの値段交渉のめんどくささを考えると。笑


海鮮ってなんかビビりますよね。
boneoriさんのように中国語が出来たらお店の方に色々おしえてもらって私もここまでビビらずに済んだんでしょうけど。。

キャベツ&カリフラワー、確かに前衛的!!
考えれば考えるほどナゾです・・。

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>