記事一覧

再び台湾 九份編

台湾旅行の2日目今回の台湾旅行のメインイベントとも言える九份へ。

九份は台北市内から電車かバスで1時間くらいのところで「非情城市」の舞台となった場所です。


ガイドブックを見てると台北市内から電車に乗って、途中でバスに乗り換える方法が載っているのですが、なんかめんどくさいなぁ・・と思って他にもネットで調べていたら、忠孝復興駅からバス1本で行けるじゃねーか!!

片道お一人様90元でし!

ちなみに台湾のバスはお釣が無いのですよね~。
ぴったりの金額が無くて、目の前のコンビニで慌ててお水を買ってくずしました。

車中は平日ということもあり、お客さんは少なくて市内中心から乗った人は全員九分に行くみたいだったので、アナウンスも電光掲示板の案内もないバスを降りることに不安を感じていたのだが、ちょっと安心。

バスはかなりガタゴト揺れるのだが、前日の早起き&夜更かしのおかげで道中爆睡。
坂道をぐんぐん登って、渋滞もなくあっちゅー間に九份に着きました。


九份は雨が多い街のようですが、この日も晴天也。


街の入り口はお土産屋さんは食べ物屋さんが続いていて、買い食いしながら散策できます。


taiwan


私と連れは臭豆腐のオイニーにちょっとギブでしたが。。




taiwan


ここが有名な階段です。
両サイドは茶芸館がずらずらと。




九份のお楽しみのひとつは展望の素晴らしい茶芸館でお茶を頂くことです。
台湾といえばやっぱりお茶っす!


色々お店があって悩んじゃいますが、私は事前に調べて九份茶坊へ行くことに決めていました。
九分で一番古い建物だそうです。


内装も中国のアンティークでとっても素敵なのですが、天気も良いのでテラスの一番良い席をキーーープ!!
まだお昼時だったのでお客さんも全然いません。


taiwan


ちょっとガスっていますが、風が心地よくて最高





台湾茶トーシローの私たちはお店のオネイサンお勧めの梨山烏龍茶(700元)とお茶菓子に緑茶餅と茶梅を頂くことに。



まんずは日本語ペラペラのオネイサンが詳しく淹れ方を説明してくれます。

taiwan





taiwan


淡~いグリーンのお茶はふんわりとした優しい味です。



台湾の茶芸館はたいてい茶葉代にお水代(お湯代)がかかるようです。
このお水代が九份茶坊では一人100元。
お茶に二人で¥3000は高いかなぁ・・なんて最初は思ってたんですが、土瓶に入ってるお湯は常に足してくれるし、茶葉もたんまりあって余ったらお持ち帰りも出来ます。

何よりの~んびりした時間と素晴らしい景色を買うってことに意味があるのですな。
軽く2時間はおりました。




しかしあんまりのんびりもしてられないので、続きまして、コチラも九分ではずせないもの。



芋圓(お芋の粉で作ったお団子)のカキ氷
taiwan


この艶うつくし~(人´∀`).☆.。.:*・゚



一見お豆さんしか乗ってなさそうですが、右下にある薄い紫とオレンジのが芋圓で、この芋圓のモッチモチした弾力がクセになります。
白玉とかとはまた違う弾力でほんのり甘い。40元。












余談ですが・・




帰り道、なにやらテレビ撮影しているお店があったので、やじうま根性で覘いて見たら。







おぉーーっと!


taiwan


麻世&カイヤ夫妻!!

九份になぜかたくさんある下駄屋さんでカイヤが買い物してるところ



こんなところで日本のゲイノウ人に出会うとは。







悲情城市


私はまだ映画見てないんですが、主演のトニーレオンが大好きなので今度DVD見て見ます。そして九份に浸ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>