記事一覧

6回目の台湾旅行記 原点回帰 鼎泰豊編

ホテルに着いて落ち着いたら早速ゴハンを食べに。

台北初めての友人のため、やっぱりここはあすこにGOGOGOOOOO!






016_20091024000239.jpg

鼎・泰・豊





既に3時だったので本店へ。

まずは台湾ビールで再会を祝す。



009_20091023232735.jpg

A菜 150元

実は初めて食べたA菜。
葉っぱ自体はクセがないのですなー。
ニンニクの利かせかたといい、この塩加減の絶妙な塩梅といい・・

鼎泰豊ってやっぱスゴイかも・・!


と思ってるところに




011.jpg

蝦肉蒸餃 200元

あまりの美しさで写真で見ると蝋細工のようだわ・・!




013_20091024000307.jpg

小籠包 180元


初めて台湾に来て、初めて食べたものが鼎泰豊の小籠包でした。
あれから2年半以上経ち、正直そのとき食べた味を忘れつつあったのですが、改めて食べたらやっぱりものすごく美味しかった!!

皮を破るとジワ~っと染み出てくるタッポタポスープの旨味の濃さがこんなにドンピシャに作れるのって凄いなぁ・・って。


商売をする上で、美味しいものを作ることよりも、常に同じ味を作ることの方が難しいって誰かが言ってたけど、本当にそう思う。
これ以上濃かったらエグくなるっていう手前の絶妙な旨さ。


高いとか観光客向けだとか言われるけど、鼎泰豊はいつも絶対美味しい!


そこが名店ゆえ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ





お腹も満たされホテルへ戻る途中で胡椒餅を発見!

台北駅近くにあると聞いていたのですがココにあったのかぁ~。




025_20091024002746.jpg

こちらも初台湾以来お久しぶり


029_20091024002759.jpg

ん?こんなにデカかったか?





ぐ・・ぐるじぃ・・。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

てんたいほんは鉄板です!
台湾初めてなら、なおさらです。
台湾で一番最初に食べるべき物です。
で、小籠包の美味しさに感動して、台湾にはまると。
そこまでが鉄板コースです!
ゆるぎない味、最初に体験するにしては、手ごろな値段、過剰なまでのありがたいサービス、ばっちりです。

って、私もたまにしか行かないんですが……
えらそうですみません。

胡椒餅のお味はいかがでした?
私、ここのにイマイチ良い思い出がなく……
あまりジューシーではなかったんですよ。
龍山寺のはいつでも必ずジューシーで火傷必須なので、胡椒餅はあそこで食べるようにしてます。
が、ホテル近くで美味しいところがあれば良いなぁとも思ってまして。
どうでした?

外付け胃袋さまへ

ですよね、で・す・よ・ね?
ティンタイフォンは鉄板ですよね。
あそこで食べずして小籠包、いや台湾を語る無かれですよね。
確かにあそこで恐る恐る噂のお味を体験してみて、やっぱ台湾って

うまうぃーーーーーー!!

ってなるわけですよね。
これになぞらえないヤツは人間じゃねーなっていうくらい鉄板ですよね。
はー、よかった、外付けさんのお墨付きがいただけて。
エラソーにティンタイフォン以外のお店を推薦したくなってた自分が恥ずかしかったです・・。

で、胡椒餅。
ホテルの部屋で食したんですけど、十分ヤケドしそうなくらいアチアチでしたよ。
以前食べたのが永康街だったんですけど、味は変わらずでした。
確かにアレ、アツアツじゃないと旨さ半減ですよね。
ってワタシすんげー猫舌なんですけどね(笑)
美味しかったです!!
行列もバッチリできてましたし。

はじめまして。
鼎泰豊はやはり間違いないですよね。
私も小籠包は浮気していないです。

過去分も一気に読ませていただきました。
来月台湾へ行く予定なので、すごく参考になります。
それにしてもmojao67さんの胃袋に脱帽です。
まさにアイアンスタマック!

キング・オブ・ザ・キング!

鼎泰豊です。
まぎれもなく、私の1番もココ。
IWGPのベルトをあげたい。
取り合えず色々なお店を試してみての結果、
小籠包も千差万別というのを踏まえて
あくまでも私の主観です。
蒸籠物は勿論ですが、
サイドメニューの青菜炒めから、
炒飯類、麺類も全てのレベルが高いというのが
どんな人と行っても満足度の高い食事が出来ますよね。
あとあの店の雰囲気ですかねー。
開放的な2号店が好きなんですが
本店も来たー!って感じだし…忠孝復興そごう地下の
ボックス席もほどよく落ち着けるし~w
…鼎泰豊が好きだということでございますーw

sobayasanさまへ

こちらこそ、はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます!
過去記事まで読んでいただいて恐縮です、嬉しいです!

sobayasanさんも鼎泰豊派ですか!
やはり根強いファンがいっぱいいるのですねー。

いやいや、ワタシは全然鉄の胃袋なんかじゃないんですよ。
へなちょこストマックでいつも悔しい思いをしております・・。
本当はもっともっともーーーっといっぱい食べたいんです。
台湾にいるときだけ、ギャル曽根になりたいと心から思ってるんですよー。

nikoさまへ

やはしniko女王様も鼎泰豊ですか!!
強い・・鼎泰豊は小籠包界の高田・でてこいやぁ!・延彦でしたか・・。あ?違いました?

まさに仰るとおり!
小籠包だけじゃなくて何食っても旨い!ハズレがない!ってのが強さの秘訣ですね?
ワタシは本店しか行ったことないんですよねー。
しかもサイドメニューをそんなに食べたことがなく・・。
いつか大人数で訪れてあれやこれや色々食べてみたいものです・・。

ちなみに日本の鼎泰豊は行かれたことありますか?
ワタシは高島屋のお店の前で、値段と量の少なさに踵を返したことがあるだけなんですが・・。

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>