記事一覧

初香港・澳門旅行 麗景酒店編

昨年の9月23日から26日の4日間香港とマカオに行って参りました。
初ホングコング。






「海外旅行する時は訪問する国の航空会社」という己のルールブックに今回も従い、キャセイパシフィックの午前便で。





025_20101016151414.jpg

キャセイだと機内販売でエアポートエクスプレスという空港と市内を結ぶ特急電車(成田エクスプレスみたいなもんだな)の往復チケットを購入できるのです。
しかも通常よりちょっとお得。
機内販売では紙ッペラを渡されるので、空港のカウンターでカード式のチケットに交換してもらいます。

エアポートエクスプレスで九龍駅まで約25分。
静かで早くて快適に市内へ。

そして、香港はさすがの観光地。
九龍駅からは無料のバスがでており、巡回しているホテルの前で降ろしてもらえます。
だから空港で両替しなくてもホテルにチェックインできちゃうのです。


さてさて、香港に行くにあたって大いに悩んだのがホテル選び。
香港は土地が高いせいか、ホテル代も高い。

こんな狭い部屋で朝食もインターネット接続も別料金でなにこの宿泊費ーーー!!!??

という、台湾価格に慣れっこのワタシには、けっこうドン引く。。
だいたい台北の1.5倍くらいはするかなぁ・・。


駅から近くて、綺麗で設備も古くなく、宿泊代も高くないところがいい!!
あわよくば、部屋から夜景もね。



と、ハゲそうなくらい悩んで、結局、初香港で土地勘も無いので、今回は一番の繁華街(?)尖沙咀(チムサーチョイ)エリアの麗景酒店 Hotel Panorama by Rhombusにしてみました。



039_20101016151422.jpg


着いてびっくり!
なに?この混みっぷり。
時間は15時過ぎ。
チェックインの客?アウトの客?
しかも何でかインド風の方が多い多い!

やっとワタシの順番になってチェックインの手続きしてたら、フロントのオネイサンはニコリともせずに

「部屋の準備がまだできてないから上のラウンジで待ってろ、このドリンククーポンやるから」と仰る。

チェックインは14時からなのに?

「前の客が長居したからしょうがない、30分後に来い。」

と、つれない。

がびちょびーーーーん。。

早く部屋に荷物置いて出掛けたかったのになぁ・・。
仕方なく最上階にあるカフェみたいなところで、煮詰まって恐ろしく苦いコーヒーをすすりながら、30分時間を潰して、再びフロントに行って鍵をもらって




473.jpg

入室

このホテルは7F~17Fがシルバーフロア、18F~25Fがゴールドフロア、26F~37Fがプラチナフロアとランクが分かれています。
上に行くほど眺望がよくなるため、宿泊費も高いです。
内装もちょっと雰囲気が変わるみたい。

ワタシが予約したのは、真ん中のランクのゴールドフロア。


062_20101016151523.jpg

ホテルのHPから直接予約したのですが、「眺望がよい部屋にしたまえ」とエラソーなコメントをつけて予約したせいか、



063_20101016194604.jpg

眺望は悪くない。

目の前の茶色いビルがひじょーーに残念だが。





053_20101016151501.jpg

狭さは覚悟していたのですが、想像していたほどは狭くなかった。





054_20101016151511.jpg

シャワールームと右手にバスタブがあります。
連れがこだわった、固定式じゃないシャワー。




055_20101016194619.jpg

見取り図を見ると、ワタシが宿泊した2008室が広さも一番あるようでした。
エレベーターのまん前でちょっとヤダなぁ・・って思ったんですけど、音は全然気にならず。


※良かったところ
新しくて清潔
地下鉄MTR尖沙咀駅からすぐ近く
静か

※悪かったところ(?)
スタッフの対応が恐ろしく事務的
(まー、これはこのホテルに限らず香港のビジネスホテルレベルでは当たり前なのかもしれないけど)

全般的には、この立地でこの金額で近代的なホテルならヨシといえる範囲なんだろうなって思います。
到着時間を伝えていたにも関わらず、部屋の準備ができてないという出鼻をくじかれたところがあったり、最終日になぜか、ハウスキーパーがエキストラベッドを置いていったり、とサービス面では微妙なところ。



014_20101023193424.jpg

こちらのホテルは屋上に自由に出入りできます。




009_20101023193409.jpg

RICOHのデジカメCX2の機能のひとつ、ミニチュアで撮ってみました。
香港の街並みがジオラマみたい~。



010_20101023193804.jpg


では、早速散策へ出掛けまっしょい!



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

香港☆

こんばんはー!
香港レポ始まりましたか!
いやー、良いホテルじゃないですか~。
ビクトリア湾見えてるし~ww
なんかご無沙汰してしまって、香港の印象とか感想を
お聞きできてないんでしたよね~、残念です。
私の香港レポはひとまず置いといて(汗)
mojaoさんのレポを楽しみにしとりますよ~~。

あ、台北のヘッドSPAのご質問、お急ぎの場合は
携帯メールでも下さいましね~ww

nikoさまへ

お返事遅くなりまして申し訳ありません!
香港レポやっと始めました。。

お初香港でしたが、バイロンホテル、部屋や立地は申し分ないと思いますー。
一応腐ってもビクトリア湾も拝めますし 笑
宿泊費もタンゴと同じくらいだったかと。
たーだー!イライラすることも多かったホテルでしたのでオススメ!とも言い切れない。
次回は是非香港島側へ宿泊してみたいと思います。

nikoさんの香港レポ首をなが~くして待ってるんですが、アレアレ?いつの間にか今年の台北レポに飛ばされてるぅぅ!?
SPAは、次回根堀葉堀うかがっちゃいまぁ~す!

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
31位
アクセスランキングを見る>>