記事一覧

ソウル弾丸旅行 超絶セマウル食堂編

ソウルで今回やりたかったひとつが漢江遊覧船に乗ること。
ソウルを南北に分割するように流れている漢江という川を約1時間かけて遊覧するクルーズです。
いくつかコースがありますが、ワタシは船着場の汝矣島から出向して汝矣島へ戻るコースにしました。

出航時間は、毎日変更になるらしく前日の17時に翌日のタイムスケジュールがHPにUPされるようなので、乗船する方は時間を確認してくださいね。
ちなみにHPは韓国語のみなので、ハングルポカーンのワタシはホテルのフロントのオネイサンに確認してもらいました。

夕焼けから夜景へ変わる時間帯に乗船したつもりが、日本より韓国って日が長いのね。


215.jpg

19時過ぎてもこの明るさ。




さささ、日も暮れましたら夕ゴハン。


韓国料理で好きなモノのひとつが豚焼肉!
旅行前に色々とネットで調べていると「牛の焼肉は日本の方が美味しい・・!」なんてクチコミをよく見かけたので、牛肉はこの際スッパリとリストから除外。


豚焼肉のお店は、ソウルにほんとーーーにいっぱいあって、どれもこれも美味そうで激しく迷った末、コチラに来ました!



231_20110414231318.jpg

セマウルシッタン(セマウル食堂)(1Fの黄色いお店の方です)

チェーン店のためソウルの各地にお店があって、宿泊しているホテルのある明洞にもお店があるのですが、ワタシたちは本店の論峴店に行きました。
お店の前ではちゃんと炭火の準備をしていて、お肉は冷凍じゃない国産の生肉を使用しているのに安くて美味しい焼肉が食べられるお店として現地の方にも人気のよう。

こりゃ~期待が持てますわ!

お店に着いたら、数組のお客さんが待っていて、ホワイトボードに名前を書くシステム。

え?ハングル書けないよぉ・・。。

と、オタオタしてたら、後から来たお客さんのオニイサンが流暢な日本語で名前を尋ねてくれて、代筆してくれました!カムサハムニダ~。

ま、ローマ字でも問題ないとは思いますけどね。

店内はあんまり広くないけど、10分くらい待ったら案内されました。



234_20110414231450.jpg





238_20110414232038.jpg

ソグムクイ(豚の首肉) 7000W

プルコギも人気メニューのようですが、ワタシたちは塩味系が食べたかったので。

一緒にビールも頼んだんですが、外国にしては珍しく(?)冷え冷えでうんまかったー。
やっぱ焼肉屋のビールは冷え冷えじゃないとな!

ワカメスープも美味しかったー。
焼肉屋のワカメスープってなんであんなに美味しいの??




239_20110414232048.jpg

分厚い!!!




242.jpg

お店のオニイチャンがハサミでチョキチョキしながら焼き具合をチェックしてくれます。

豚肉なので焼き上がりまで若干待ちます。
オニイチャンのOKサインが出る前に、連れは待ちきれずに食っちゃってましたけどね。




246_20110414232122.jpg

おかわり自由の野菜にニンニクとネギと一緒にのせて包んでいただきまーーーっ!


うぅおいしぃーーーー!!


エゴマの葉っぱってちょっとクセがあるので苦手だった(というか苦手意識を勝手に持っていた)んですが、ちょっとした苦味と鼻から抜ける清涼感があるので、お肉をサッパリといただけます。

お肉も柔らかいんだけど、お肉食べてるぅ!っていう食べ応え感もちゃんとある。
お味噌とお塩の小皿が付いてくるんですが、お塩がしょっぱすぎなくてお肉に付けると美味しかった。

もー、美味しすぎて、どんどん食べられる!




248.jpg

豚トロ 10000W

最初に人数分のお肉を注文する必要があるので、もうひとつは豚トロにしました。

豚トロってもっとコッテリ油っこいイメージだったんですけど、こちらの豚トロはシャクっと噛み切れる歯触りでお塩をつけて食べると、よりお肉の旨味がUPする感じがしました。
余計な油が落ちるのかなー。炭火の遠赤外線効果か?

お味噌よりお塩の方があってるなーっと。



これだけでもけっこうお腹いっぱいなんですけど、ここに来たら絶対外せないメニューがありんす。

251_20110414232159.jpg

7分デジキムチ 5000W

奥に写っちゃってますが、オレンジ色のごった煮みたいなのがデジキムチ。
なにゆえ7分なのかと言うと、テーブルで7分煮込むかららしいのですが、ワタシたちのテーブルに来たときは既に煮込まれて細かくカットされた後のようでした。




ゴハンにぶっかけて韓国海苔をモリモリのっけて、混ぜ混ぜして食べます。

260.jpg


これがですね、超絶にうんまい!
マシソヨの最上級です!

豚キムチですが、辛くないです。
そして貝(?)などの海鮮系の旨味も効いていて、野菜のうま味と細かくカットされた豚肉に韓国海苔がまた良いのです!


ソッコー、ゴハンをおかわり!

262_20110414232222.jpg

二杯目もペロリンチョです。

瓶ビール2本と、チャミスル(焼酎)2本飲んでもお会計は驚きの37000ウォン(約¥2800)。
安くて、旨くて、大満足の晩ごはんでした!!

はぁ~・・この混ぜゴハン、また食べたひ・・。
今もムショーに食べたくなります。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>