記事一覧

10回目の台湾旅行記 鹿港肉まん対決編

突然ですが、呼吸チョコってご存知ですか?


kako-mal6TdqUFAght4g7.jpg

大阪のお菓子屋さん、マルシゲで売ってるアーモンドチョコレートなんですが、これがうんまいんですよー。
カリカリアーモンドの周りにマスカルポーネチーズとココアパウダーがまぶしてあるんですが、甘さ控えめなので、食べ始めると止まらない、デンジャラス・チョコ。





では、7月台湾旅行記のつづきです。


鹿港でのグルメといえばーー!!

241_20110727204500.jpg

阿振肉包

何はともあれ、鹿港に来たら必食の有名な肉まん屋さん。
鹿港を歩いていると、とにかく阿振肉包の赤い買い物袋を持った人を見かけます。
ひっきりなしにお客さんがやってきて、次々にまとめ買いしていきます。
テイクアウトのみで中で食べるスペースはありません。

とりあえず、原味肉包と翡翠肉包をひとつずつ買ってみました。

もー、このとき早く食べたくて、肉まん受け取ったらお金を払わずに立ち去ろうとしちゃったんですよねー。

オネイサンに「ちょっとちょっと~!(汗)」と呼ばれて、ハ!っと気づく。
エヘヘヘ~、と笑ってごまかしたらオネイサンも笑ってた。
二人でケラケラ笑ってしまった。



247x.jpg

驚きのひとつ15元!!(約42円)

ここの肉まんの何が違うって皮(饅頭部分)のフワッフワ具合ですよ!
もー、真っ白でふっかふかで、口当たりがものすごくなめらかなの!!
阿振肉包とそこいらの肉まんの皮を例えるならば『赤ちゃんの足の裏 VS お父さんのソレ』ですよ。
え?肉まん食べる気失せる?


日本人の方がここの肉まんを食べて、あまりの美味しさに弟子入りまでしてしまったというのも頷けます。
それだけ衝撃を与える肉まんですわねー。
日本のコンビニの4分の1で、何倍も美味しい肉まんがいただけるなんて・・涙
ワタシだって弟子入りしたいわ!!!
でも本当に自分の愛するお店に弟子入り出来たら毎日賄い頂けるんだもんな~。(え?ソコ?)
そういう人生もいいかもな・・しみじみ。



243.jpg

お店の前には、日本人の小林さんがここで勉強して東京でお店を開業しましたよ!っとデカデカと書いてあります!
東京のお店は、その名も鹿港(ルーガン)といって世田谷にあるんですが、ワタシは残念ながらまだ行ったことがありましぇん。


皮が絶品だけど、もちろん餡もジューシーでうんまいの!
余計な味付けがされてなくて、お肉の旨味と皮のふんわぁ~りとした優しい甘味でシンプルな肉まんデス!

この間、某コンビニの肉まん、しかもちょっと高いヤツ(横浜中華街のなんちゃら風なエラソーなヤツ)を食べたんですけど、クッセーのなんの。
化学調味料味のエグさとか肉自体の臭み?がヒドイヒドイ・・。
「阿振肉包の食べて出直して来やがれ!」っと床に叩きつけてやろうかと思いましたが、食べ物は粗末にしちゃイカン。




さて、鹿港で検索していてヒットした台湾人のブログを見ていたら

「阿振肉包も美味しいけど、ボクはコッチの方がスキだ」

という別の肉まん屋さんが出てきました。
確かに阿振肉包ともうひとつ、別の買い物袋を持ってる人にも鹿港の街中で多数遭遇。

それは、

266_20110727210905.jpg

老龍師肉包

阿振肉包と同じ中山路沿いにあって阿振肉包に負けず劣らずの賑わい・行列っぷり、そして大きな蒸篭からモクモクと湯気が出ているのですぐ見つかります。


こちらはひとつ18元。
みんな10個20個と買いまくり。
いいなー、ワタシもいっぱい買いだめして冷凍してチンして食べたいよぅ。


268_20110727211230.jpg

若いアンチャンたちが餡積めしてました。
カメラを向けたら「オイオイ、オレら撮られてるよ~」みたいに笑ってました。




272_20110727212348.jpg

近くにある龍山寺前のベンチでいただくことに。




270_20110727211455.jpg



老龍師肉包のは、餡にシイタケなどが入っているせいもあるのか、味付けが濃くてちょっと甘い。
美味しいけど、ワタシはやっぱり阿振肉包の方がスキだな!
甘い味付けって台湾人好みなのかな?


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


阿振肉包
住所:彰化縣鹿港鎮中山路73號
電話:04-777-2754
営業時間:9:00~19:00

http://www.a-zen.com.tw/
ranking08-002.gif

大きな地図で見る



老龍師肉包
住所:彰化縣鹿港鎮中山路31號(二店)
営業時間:8:00~20:00

ワタシが買ったのは支店ですぐ近くに本店(三民路總店)があります。
ranking08-004.gif

大きな地図で見る

関連記事
スポンサーサイト

コメント

阿振肉包

はじめまして。自分も台湾の美味しいもの大好きな者です。

自分は東京の「鹿港」に先に行ってから鹿港の「阿振肉包」に行ったのですが、同じ味でびっくりしました。
東京の方は最近テレビで取り上げられる事が多く、混んでいるようですが、機会があれば是非行ってみていただきたいです。
自分のブログでも取り上げたのでよろしければ御覧ください。
http://ebi7.blogspot.com/2009/09/blog-post.html
http://ebi7.blogspot.com/2009/12/blog-post.html

ebi7taiwanさまへ

訪問&コメントありがとうございます。
お返事遅くなりまして、申し訳ありません。

東京の鹿港に行かれましたかー。
世田谷線に乗る機会が無いので、未訪なんですが
本家と同じ味とは、こりゃ絶対に行かなくてはなりませんねー。
昔は通販もやってたみたいなんですけどねぇ。

ホカホカのうまい肉まんが食べたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>