記事一覧

12回目の台湾旅行記 家族de台湾

明後日から台湾へ行ってきますー。
しかし、ほとんど予定は未定状態での台湾入り。
幸い、台風も発生してないみたいだし、待ってろ!ママママンゴーー!!


その前に、4月に家族で台北に行ってました。
その備忘録を。


今回両親が結婚40周年記念でして、お祝いをかねて家族で旅行することに。
両親は2度目の台湾、弟は初海外!のため11回もの台湾旅行の経験を総決算して家族をアテンドすることに。

台湾はゴハンも基本薄味だし、人も優しくて温かいし、お年寄りや海外不慣れな方にもぴったりな外国だと思います。

以下、家族(両親)の希望。

父 ⇒ 乗り鉄。台湾鉄道に乗りたい。
母 ⇒ お茶と雑貨を買いたい。美味しいもの食べたい。
弟 ⇒ 特になし(控えめなヤツです)


あ、今回、写真劇的に少ないです。
そしてハショります。


4月半ばのこの旅行中、既に梅雨入りしたかのような雨続きで、ブラブラ街歩きって感じではなかったのですが、台湾LOVEなワタシなら台湾のどこを歩いててもテンション↑ですが、そんなに台湾へ熱い思い入れの無い人からしたら、もっと具体的な思い出として残る場所へ出掛ける方がいいかなーっと思い、雨でも強行にあれこれでかけることにしました。


初日。

羽田からANAの午前便で台北・松山空港着。
何気にワタシ初穴でした。

ホテルはあれこれ悩んだ末、結局ワタシの常宿でもあるTango Taipei Nanshiにしました。
2泊3日の弾丸旅行でしたので、よく知った場所の方が無駄がなくていいかなっと。
両親の部屋だけスイートにしましたが、いつも泊まっているPremium Kingの部屋よりちょっと広いだけなのに、かなりいい感じだわ。
コンパクトに機能満載なTangoだけど二人で泊まってると、ちょっと動きづらいときがあったりするんだけど、そういうストレスはなくなる。
スイートと言ってもPremium Kingからそんなに高くなるわけじゃないから、次回ワタシもスイート泊まってみよー。
しかし、Tango Hotelって前は平日も週末も宿泊料金変わらないと記憶してたハズだけど、ちょっと値上がりました?
ま、あの立地、あの設備・ホスピタリティーなら、むしろちょっと異常なくらいお買い得なホテルでしたけどね。


で、ホテルをチェックインしたら早速お昼ご飯。

page_20120616193152.jpg



初台湾の弟もいることなので、とりあえず王道の鼎泰豊の本店へ。
相変わらずのうまさなんだけど、本店ってなんか落ち着かない感じがある気が・・。
着席した途端に頼んだものが運ばれてくるので、入店してから30分くらいで食べ終わってしまった。

あとは永康街で母親の希望の雑貨とお茶を購入。
母と娘が買い物中、男性陣は公園のベンチで待機。
世の男性陣は女性の買い物にとんと無関心ですなー・・。
(ワタシの連れ(彼)は珍しい人種なのか、ワタシの買い物に積極的に付き合ってくれるので。)


朝も早かったし、天気もどんよりムシムシしていたので、ホテルへ戻って夕飯まで一旦休憩。


日も暮れましたら台北101へ。
両親が訪れたときにはまだ101は無かったとのことなので・・。
アタクシも初台湾以来の101。
曇っているからあまり景色は良くありませんよ、っとチケット売り場で言われたんですが、せっかくなので上りました。


010_20120616193321.jpg

でもなかなかの夜景ですよねー。

この後、101地下のタクシー乗り場からタクシーに乗って夕飯のレストランへ向かいました。
歩いても1キロくらいなんですけど、レストランの予約の時間に迫っていたので。
しかしねー、しさしぶりにどえらい運転手に当たりました・・。
オバチャンだったんですけど。
店のHPからプリントアウトした住所の載った地図を見せたんですけどね、101から大通りをまっすぐ行くだけなのにすっげー遠回りされました。
オカシイなぁ・・って思ったけど、ま、一方通行とかもあるからなーっと思ったんですが、花市玉市のあるところをグルグル2回も廻ったところでさすがに

「オイ!ゴラ!いい加減にせんかい!」っと。

悪びれる様子もないオバチャンにワタシもさすがにキレましたわ。

台北もタクシーのレベル高いと思ってたんだけどなー・・
たまにこういう悪質なのいるんだなー。。


ちょっと気分を害したところで夕飯は吉品海鮮餐廳
以前、友達夫婦と訪れて美味しかった広東&飲茶料理のお店。
早速再訪しました。


pagex.jpg

正直、最初に訪れたときの方が感動がデカかったのは、ワタシの記憶が美化されてしまったせいか・・。
最初に弟がチャーハンをリクエストしたので、炭水化物で腹が膨れてあまり食べられなかったというのもありますが、ま、家族は満足してくれたみたいなので、OKとします。ハハハ。

初日はこの後、ホテルで就寝。
しっかしTangoのキングサイズベッドは一人じゃ広い。
二人で寝てものびのびサイズなのに一人なんで持て余す。
無駄に横に寝てみた。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

初日はハハの希望をとりあえずクリア。
翌日はチチの希望を叶えるべく。
2日目に続く。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
31位
アクセスランキングを見る>>