記事一覧

14回目の台湾旅行記 台北 Merry Spaでヘッドスパ編

日々深夜残業を強いられてるオバチャンの一人きままな台北旅行、癒され隊発動!

太平洋SOGOにあるSHISEIDO Qi SPAに行ってみたかったんだけど、1週間前にネットから予約したら、旅程期間中は予約一杯で全くの門前払い。

てなわけで、ヘッドスパに行くことに。
サロンは台北の高級サロンMerry SPA
台北ナビに日本語専用予約電話番号が載っていたので、その番号に日本から電話して予約しました。


予約時間よりちょっと早めに着きましたが、待たされることなく案内されました。

最初に専用のガウンに着替えます。

その後、カウンセリングルームみたいな小部屋へ。
頭皮を軽くマッサージされてからスコープで自分の頭皮を見せてくれます。

日本語が多少できるフロントの方がエステティシャンの方の説明を通訳してくれますが、だいぶ端折ってますね。
北京語ができれば色々悩み相談とか出来るんでしょうが、ワタシはいかんせん北京語も台湾語も話せませんのでね。

それでも、ワタシの頭皮がカチカチだ、ゆえに血行が悪く皮脂が毛穴に詰まり、髪にも栄養が行っていない、通常の髪よりかーなーり細い髪が頭頂部に混ざっている(ハゲるのか?)などの自分の症状は理解できました。

そしてオススメのコースの説明をされるのだが、ワタシが薦められたのが4600元(110分)。

ちぃと高くねー!?

基本(3800元)のコースにドイツ(だかどこだか忘れたが)の機械を使った施術があり、髪質改善に効果がある
とのこと。

ま、いっか。
ケチることもないわ!っとなぜかセレブ面して了承し、施術に入ります。

以下、Hair Spaの工程です。


まず、髪をブラッシング。
そして例のドイツだかどっかの機械登場。
ブォーーーーン!っという駆動音と共に、二つの小さい吸盤を首筋からピトっと付けられます。
頭皮に吸い付くようなその機械。
実際に何の効果があるのか不明だが、血行でもよくするのか・・?と軽く想像。

その後オイル(やーけーにスースーするの!)を頭皮に湿布されてから、蛙のゲコゲコした泣き声と水のせせらぎが聞こえる薄暗い部屋に移動。

足湯をしながら首と肩をマッサージの後、待ちに待った頭皮のマッサージ。
ワタシ、行き着けの日本の美容院でも頭皮をマッサージされるのが気持ちよすぎて、毎度チビリそうになるんです。(いや、マジ)
なので頭皮のツボ押しやマッサージされるだけでお金払う価値有り!という考えなんですが、MerrySpaのマッサージは極楽でやんした。

丁寧、かつ強めの圧力でちょっとイタイと感じることもあるのですが、イタ気持ちイイんです。
もうこの時点でうたた寝、いや爆睡。

次はシャンプー。
丁寧に2度、頭皮を揉み解すシャンプーをしてもらえます。
シャンプー台はマッサージチェアも兼ねてるようですが、ワタシの座ったシャンプー台は故障してるのか不愉快な振動だけがずっと伝わってきた・・。

その後、ブローする前に私服に着替えさせられて最初に頭皮チェックした小部屋へ再び。
施術後の頭皮を再びスコープでチェック。
頭皮は真っ白で毛穴の周りもスッキリした己の頭皮が!!

ブローは最初にカウンセリングしてくれたベテランエステティシャン風な方に丁寧にして頂いて終了です。
トータルで実際には2時間以上かかったかな。
おやつに雑穀の小豆煮みたいなのとお茶が出ます。


仕上がりは見るからに髪がツヤッツヤ~♪のサラサラーティー。
なんだか頭も軽~~い。
頭皮を1枚剥がしたみたいな感じ?(え?例え間違ってる?)
もーーー、あと3日くらい頭洗わなくてもいいんじゃね?っちゅーくらいのスッキリ感です。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


ただ、例のドイツ(だかどっかの)機械は要らんかったと思う。
あと、施術中に気になったのが、お客さんのオッサン率の高さ。(たまたまかもしれないけど)
マダムよりオッサン。
いかにもセレブ!みたいなダンディな草刈正雄みたいな紳士っちゅーより、『ヲタ?』と言った方が似つかわしいようなの太鼓腹の中年の方や『ジっちゃん!』と呼びかけたくなるようなご老人を見かけたのが気になる。。
いや、こちらでは台湾初のメンズスパもしてるからいいんだけどさ、いいんだけどね!?
なんだかふとした時に見かけるとちょっとギョっとするのさ。


MerrySPA 台北敦南旗艦店
住所:台北市敦化南路一段86號B1-1F
電話:02-2778-7711
日本語専用ダイヤル:02-8771-0072


大きな地図で見る

しっかし、冷静に考えると1万円以上払えば日本だってこのくらいのヘッドスパは体験できるだろうな・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>