記事一覧

18回目の台湾旅行記 台東 鹿野高台の熱気球フェスティバルに行ってきたよ

gcSN2u4DeYYR4mJ1457353681_1457353857.jpg





2015年7月に台東の鹿野高台で毎年夏に行われるバルーンフェスティバル「臺灣國際熱氣球嘉年華」に行った時の話。

2015年は6月27日~8月9日まで開催されていました。

ここ数年はお盆期間中に訪台していたため、祭りの期間外。
去年、念願叶ってやっと行けました。


期間中、熱気球は気候が安定している早朝と夕刻の2回上がりますが、風や天候にけっこう左右されやすいみたいです。

前日に宿泊している鹿鳴温泉酒店にて予約したバスに乗って熱気球会場の鹿野高台へ。

ちなみに2015年の鹿鳴温泉酒店の送迎は、
土日の週末は朝は4:30と5:00ホテル出発。帰路は7:00と7:30鹿野高台発の2便。

午後は15:00と16:00ホテル出発で、帰路は18:00と18:30鹿野高台発の2便。

月曜日から金曜日の平日の朝は5:00ホテル出発の1便のみで帰路は7:00と7:30鹿野高台発の2便。

午後は、15:00ホテル出発の1便のみで、帰路は18:00と18:30鹿野高台発の2便でした。


アタクシははりきって土曜日の4:30のバスで。

これがまた、ちっこいマイクロバスなんだよねぇ。20名乗れるかしら?程度のバス。

ホテルの規模からしたら、どーなんだろ。足りてるのか?

席は先着順なので、送迎を利用される場合には早めに予約した方がよいかと。




IMG_2749.jpg

会場に着くと既にたくさんの人が。

チケット販売は朝は5:00から(ちなみに午後の部は16:00から)なので、発売開始までフェスティバルのスタッフなのか、営業に来たコメディアンなのかわかんない人の漫談みたいなのを聞かされます。

周りの台湾人も最初は笑ったりして聞いていたけど、そのうち飽きたのか、ほとんど誰も聞いていない状態w


会場の近くでテント張ってキャンプしてる人もいたよ。
一番先頭でチケット発売開始を待ってる人は何時から並んでるんだろ。





IMG_2751.jpg

熱気球に乗る際の注意事項など。
まー、読めば内容はなんとなくわかりますね。

身長が110cmに満たないと乗れないので、小さいお子さん連れの方は要注意。

ちょうどワタシの目の前に並んでいた家族の女の子の身長がギリギリでお父さん、ヒヤヒヤしてました。

恐らくチケットは数量限定とかでは無さそうなので、チケット販売時間内に会場に来れば、漏れなく乗れるんじゃなかろうかと。







IMG_2752.jpg

チケット、ゲットン!

一枚500元。

地上に繋がれたままですが、15分くらいの浮遊体験ができるチケットです。

約40分の自由遊覧は一人8000元(約32000円)とヤ○ザな金額なので、平民のmojaoさんにはムリです。






IMG_3351.jpg

このチケットには、熱気球デザインのiPASSが付いてました。

iPASSは高雄MRTなど高雄を中心に使えるICカードで悠遊卡みたいなものです。

これは、嬉しい~。






IMG_2763.jpg

チケットを手に入れたら、ちょうど夜が明けました。






IMG_2766.jpg

大きな気球が徐々に膨らんでおりまする。


チケットには番号が書いてあって、若い番号順に乗れます。
しかし、10桁もの数字の中国語アナウンスをmojaoさんが聞き取れる訳もなく。

が、様子を見てると、そこはユルい台湾さん。

ギチギチに順番通りではないので、適当な時間になるまで待つことに。






IMG_2785.jpg

早い番号の人は既に飛んでいきます。

これは8000元のフリー遊覧ですなー。
裏山。








軽食のコーナー。

肉まん蒸してたので、買って食べました。
あとは香腸の屋台とかあったな。



ぼちぼちかなー、と6時過ぎくらいに受付のオニイサンに聞いてみたら、こっちにおいで、と。
一時待機場所へ誘導されます。


熱気球には、3人~4人が一度に乗船(っつーの?)出来るので、大人二人組なら別の二人組とペアになるみたい。

で、更に待ってると、自分が乗る気球の近くまで別のスタッフが誘導してくれます。





IMG_2789.jpg

間近で見ると、また迫力がある。






IMG_2792_20160130153757e90.jpg









ワタシたちが乗る気球はコレですかー。



近くにベンチがあるので、荷物は置いておくように言われます。

気になる人は貴重品は服のポケットにでも突っ込んどきましょう。


ワタシはカメラだけ持って行きました。

何かで一眼レフのカメラも持ち込みダメだと書いてあるのを読んだ気がするんだけど、ワタシは何も言われず。









ボーボーと凄い熱気で膨らむ熱気球。


結局、スタッフの人以外の乗客は我々二人だけでした。

熱気球の操縦士さんは、アジア人の若くて可愛い女性でした。


「ここは熱くなるから絶対触らないでね」

などの注意事項を受けたら、いよいよ離陸。





IMG_2796.jpg

ふわぁ~~っと上昇。







IMG_2809_20160125225713607.jpg







IMG_2812.jpg

もう気持ちが良いったらない!


高所恐怖症の連れも最初はビビって籠にしがみついてましたがw、段々と慣れて最後はとても気持ちよさそうにしてました。






IMG_2815.jpg

あっという間の15分。

そして、降りたらちょうど帰りの送迎バスの時刻が迫っていた。


余韻に浸る間もなく、バス乗り場までダッシュダッシュ!!






鹿野の熱気球フェスティバル、天気にも恵まれてとっても気持ちよかったです。

真夏の台湾で熱気球なんて、暑すぎるんじゃないかと思ってましたが、早朝なのと、高原地帯のせいかけっこう涼しかったです。


来てよかった。
オススメですよー。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>