記事一覧

タイ旅行記 バンコク ワットアルン観光と可愛くて美味しいお店@Nalin kitchen

2016年GWタイ旅行記の続きです。

朝食を食べた後はワットアルンを見学しに行きました。


IMG_6976_20161118232236b81.jpg







IMG_6988.jpg

2016年4月には修復工事は完了していると聞いていたんだけど、5月時点で終わってなかった・・w







IMG_7001.jpg

暑い国で、こんなに緻密な細工の施された巨大な建造物を作るなんて、信仰心ってスゴイね。








暑さを超えた暑さの中(は?)ワットアルンを観光した後、お昼ごはんです。

炎天下の中にいたので、冷房の効いた涼しい室内でごはん食べ隊。

サパーンタクシン駅から歩いてすぐ、ロビンソンデパートの目の前です。
チャオプラヤーエクスプレスボート乗り場のある側とは逆方向、

朝ごはんを食べたPrachakと同じ通りにあります。







IMG_7045.jpg

Nalin kitchen


紫色の可愛い外観。
暑い暑いタイ、しかも狭い歩道に直面した外の座席で食べる人いるんだろうか…?


人気店とのことでしたが、我々が入店した際はインド人カップルが1組いたのみ。

なんでインド人かわかるのかというと、お店の人がどこから来たの?っと訪ねたらインドって答えてたから。
そして、そのインド人のオニイサンの着てたTシャツにはなぜか『京都市』と漢字プリントが・・w







IMG_7030.jpg

小さいお店だけど、インテリアも可愛くて、テーブルには蘭が飾ってあって、素敵。







カフェ飯みたいな料理が出てきそうな雰囲気だけど、料理はちゃんとしたタイ料理。


IMG_7031.jpg

STIR-FRIED YELLOW CYRRY WITH CRAB MEAT 165バーツ

念願のプーパッポンカリー(蟹のカレー風味の卵炒め) 


ちょっとしょっぱかったけど(こういうもの?)、おいひぃ~~!

お米と一緒に食べたらちょうどいい塩梅なんだろうなー。
店員のオバチャンにライスいる?って聞かれたけど、ビール飲んでたからお米は頼まず(毎度)
頼めば良かったなー。


日本のタイ料理屋さんでしか食べたことなかったプーパッポンカリー。
その時は、油っこかったせいで、あんまり美味しいとは思わなかったんだけど、ここのプーパッポンカリーはセロリの香りとカレーの風味が良くて、火入れも絶妙だし、もう最高だよ~~。
本場のはこんなにも美味しいのねぇ。
そんなに油っこくなかったのが良かった。







IMG_7037.jpg

FRIED SHRIMP CAKES 140バーツ

トートマンクン(海老のすり身揚げ)

プーケットのホテルで食べたトートマンクンが美味しすぎたので、ここでも頼んでみた。

普通に美味しい。
美味しいんだけど、あの極上のトートマンクンは越えられなかったみたいだよ。

海老がプリプリ!っていうよりふんわりした食感のトートマンクン。
充分、美味しいんだけどね。

ってか、この手のモノはたいてい旨いよね。







IMG_7036.jpg

GRILLED CHICKEN SEASONED WITH LEMON-GLASS 95バーツ

レモングラス風味のガイヤーン

タイで食べる鶏肉はたいがい旨いと思っているアイラブチキン及びチキンジャンキーのmojaoさんはここでもガイヤーン。

ちょっと変わり種なレモングラス風味にしてみた。


しかし、お肉がちょっと硬くてパサついていた上に、若干の臭みを感じてしまった。
味付けは美味しかったので、残念だわー。







IMG_7041.jpg


お客さんはタイ人より外国人が多そう。
ってか、ワタシが食べてる間にもやってきたのは外国人ばかりだった。


でもお店の人はにこやかで優しいし、英語が通じる上に、料理も万人受けする味付け、メニューは写真と英語つきで分かりやすい。
冷房が効いていて居心地いいし、トイレもとても綺麗。(←コレ、アジアの飲食店ではけっこうレアだと思う。)


シンハービール小瓶3本(85バーツ)とレモンジュース45バーツも飲んで、お会計は全部で700バーツ。
チャージはかかりません。



Nalin kitchen
住所:1463 Charoenkrung Road Silom, Bangrak, Bangkok
電話:02-630-7170
営業時間:11:30~23:00

お店のHP







にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>