記事一覧

バンコク旅行記 何を食べても安くて旨い!@Baan E-Sarn Muangyosバーンイサーンムアンヨッ

2015年9月のバンコク3日目の夜ごはん。

この日もやっぱりイサーン(タイ東北地方)料理で。
チムチュム鍋という可愛らしい名前のお鍋が食べたかったmojaoさん。

ルンピニー公園の屋台がチムチュム鍋で有名ですが、トイレ問題とモスキート問題に懸念を抱き、室内のお店で食べたいなーっと。







IMG_3692.jpg

Baan E-Sarn Mungyos バーンイサーンムアンヨッ

人気のお店のようなのでホテルで予約してもらいました。
予約無しだと、入れない可能性の方が高いと思われます。
ワタシたちが入店した時も満席だったし、その後も続々とお客さんが入れ替わり立ち代り。


店内は半分くらい日本人。
お店のある界隈は駐在の日本人が多く生活しているエリアみたいです。

隣りのテーブルにいたのも日本人サラリーマンの接待風でした。








IMG_3654.jpg

ビアシン(シンハービール) 90バーツ

エアコン効いた店内だけど、氷入れて飲みたくなるのがタイなのです。








IMG_3690.jpg

それ以外のドリンクメニューはこちら。

ワインなんぞも置いてあります。
ドリンクメニューにはないけど、食べ物のメニューには日本語が記載してあるので、注文も楽々です。








IMG_3661.jpg

ソムタム・ピーナッツ 70バーツ

パリパリ食感のパパイヤと香ばしいピーナッツ、辛さもちょうどよくって旨い~。








IMG_3662.jpg

コームヤーン(豚の喉肉のあぶり焼き) 90バーツ

前日に行ったSomtum DER ソムタムドューで「品切れ」と言われてしまったコームヤーン。
やっと食べられました。
トントロのような感じで、脂の甘みを感じるシャクシャクした食感のお肉。









IMG_3668.jpg

ガイヤーン(焼き鳥) 80バーツ

甘じょっぱい下味のついたガイヤーンは、照り焼きチキンみたいな感じ。
皮が香ばしくて、美味しい。
タイの鶏肉は、お肉が柔らかくてジューシーだよ。








IMG_3664.jpg

豚挽き肉のラーブ 80バーツ

挽き肉とハーブやスパイスの温野菜サラダといった感じ。

もっと辛いのかと思ったら全然辛くなかった。
日本人だから気を使ってくれたのかな?








IMG_3672.jpg

念願のチムチュム鍋のセットが来ました!

牛肉や魚介などお肉が選べますが、ワタシは豚肉(セットで170バーツ)にしてみました。
(牛肉や魚介は200バーツ)

お肉に生卵を絡ませてからお鍋にぶっこみます。








IMG_3667.jpg

野菜はキャベツやえのき、あとは春雨など。



ちなみに店員さんに一人、日本語を話せる可愛いオネイサンがいて、至れり尽くせりでお世話してくれるので、全部おまかせ。









IMG_3681.jpg

小さめの土鍋の中にに野菜とお肉をザザザっと全部投入。


お肉が煮えたら、タレに着けていただきます。

このチムチュム鍋が、まー、想像以上に美味しかった!

スープはお出汁の旨みが効いていて、さらにハーブの香りや野菜の甘みと相まって、いくらでも飲めそう!
最初に卵を絡めてあるので、お肉もふんわり柔らかい。


チムチュム鍋自体は小さいサイズなので、お鍋以外の料理も食べつつ、楽しめるのがいいなー。







IMG_3694.jpg

お店の外では焼きモノを調理しております。






Baan E-Sarn Muangyos
住所:19/2 Soi 31 Sukhumvit, Bangkok 10500
電話:089-012-5750
営業時間:17:00~3:00

ranking08-001.gif



このあとは、近くにあるマッサージ屋さんのat ease massageでフット+ヘッドマッサージ(90分 450バーツ)をしてもらって就寝。





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ここ本当何食べても美味しいですよね~( *´艸`)
記事見てたら私もまた行きたくなっちゃった。
今回サバイジャイでチムチュムを食べたのですが、
断然このお店の方が美味しかったです!
単純な料理のようで店によってこんなに味が違うもんなんだとビックリ。

クミさまへ

ホント、ここ美味しかったです!
バンコクに行ったら、再訪したいお店です。
安くて、美味しくて、雰囲気もいいし、エアコンが効いてる!ってのも良かったですw

サバイジャイにもチムチュム鍋あったんですね~。
知りませんでした!
あのシンプルなお鍋のどこに秘密があるんでしょうかねぇ・・。
ワタシもまた食べたくなってきましたー。




コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>