記事一覧

釜山旅行記 南浦洞 シジミスープより鯖煮がウマー@ソムジンガン

2016年12月末の釜山旅行2日目の朝です。

この日は宿泊してるArbanHotelの最寄り駅の地下鉄西面駅から地下鉄の1号線に乗って南浦洞駅へ移動(約16分)
そこから徒歩5分ほど。
なんせ初釜山なので、ガイドブックにも絶対載っているベタな有名店に行きますよw







IMG_9015.jpg

ソムジンガン

シジミスープの定食が食べられるお店。
日頃お酒を飲みすぎちゃう我々には、シジミはありがたい食べ物です。

団体さんのお客さんがいましたけど、ちょうど我々との入れ替えとなりました。
間口は狭いけど、奥は広い。








IMG_9011.jpg

メニューは4種類のみ。
シジミスープ定食、シジミビビンパ、シジミのコチュジャン和え、ヤリイカの和え物。


入店して座るとお店のオバチャンが、「スープとビビンパ?」と聞いてきた。
日本人はこの組み合わせで頼む人が多いのかしら?








IMG_9003.jpg

韓国料理は、テーブルにずらーっとカラフルなおかずが並ぶ様が爽快ですな。
肝心なシジミスープ(写真上)が切れちゃってるけど、ビビンパにも小さいサイズのスープがつきます。








IMG_9008.jpg

シジミビビンパ 10000ウォン(約¥1000)(手前)
シジミスープ定食 8000ウォン(約¥800)(奥)








IMG_9005.jpg

たっぷりのシジミの剥き身にキュウリと人参に、白いのは長芋かと思ったら梨の千切りだった。
このシジミをひたすら剥き身にする作業を想像するだけで、気が遠くなるよ・・。

ごはんは別盛りで来るので、好みの量を混ぜられるよ。
ビビンパだけじゃなくて、白飯におかずを乗せて食べたいってのもあるので、これは嬉しいですな。








IMG_9010.jpg

MAZEMAZE・・・・・

最初、ちょっと梨が多くね?(おかずで果物が主張してくるのが苦手)って思ってたけど、日本の梨より甘みも水分も少ないので、ほんのり甘みが感じられる程度で野菜として食べられる。

ただ、コチュジャンの味が強いので、シジミの味は全然わからない・・w


スープに入っているシジミの量がコネスト記事とはだいぶ違って寂しい感じだったけど、魚介系は獲れ高などにも左右されるから仕方ないのかな。
もっとシジミの旨みがガッツーンと主張して来るのかと思ったら、ほんのりとした旨みで、自分でお好みで塩を足して塩気を調節していくようになっています。

それでもビビンパに入っているシジミと併せて、相当数のシジミを喰らったので、2016年のワタシの肝臓へのダメージも多少改善されたんじゃなかろうか。。








IMG_9007.jpg

日本人に絶賛の嵐の鯖の煮物。

ワタシは鯖好きなので、韓国風の鯖の煮込みも楽しみにしておりました。
びっくりするくらい身がふわっふわで脂がノリノリ紀香。
これでごはん2合食える。

鯖の下には大根があるのですが、こちらもしっみ染みのトロットロ。
歯要らない。

朝から盛りだくさんのおかずでお腹いっぱい。






ソムジンガン
住所:釜山広域市 中区 東光洞2街 10-4
電話:051-246-6471






朝食後はすぐ近くにあるレートがいいという両替屋さんへ。

この界隈は両替屋さんが複数あります。
いつも疑問なんだけど、タイや韓国みたいに民間の両替商が至るところにある国と、台湾や日本みたいに両替はほとんど銀行で、みたいな国には何が違うのかしら?

IMG_9016.jpg

ワタシが両替したのはヨンジン両替。

空港では、¥10,000が96,800ウォンだったのが、こちらでは、¥10,000が102,200ウォン。
かなりレートは良いね。





想像以上にボリュームのある朝食だったので、南浦洞をちょっと散策して腹ごしらえ。

IMG_9021.jpg

釜山タワー。
登らなかったけど、夜だと夜景が綺麗に見えるみたいです。

しかし、天気が良いな。






IMG_9022.jpg

見晴らしが良くて、遠くに海と広安大橋が見えます。

いつか暖かい時期に再訪して、海岸でのんびりするのもいいっすなー。
この時(2016年12月末)はとてもじゃないけど、海とか寒くてムリだわ・・!






その後、国際市場でちょっと買い物を。

IMG_9024.jpg

このでっかいカトラリーのオブジェがぶら下がっているお店で、スッカラ(スプーン)やキムチの保存容器などを買いました。
ステンレスの密封容器なので、ワタシはキムチだけじゃなくて他のものも保存するのに使いたいなっと。
お店のオニイサンはカタコトの日本語は通じました。






IMG_9025.jpg

韓国のプチプチは柄入りなのね。
可愛いねー。







IMG_9026.jpg

美味しそうなキムチ屋さん






IMG_9028.jpg

の向かいで、ぜんざいを食べる。
2500ウォン(約¥250)だったと思う。

けっこう塩気の効いた小豆だなーって思ったら、吉備糖(多分、色からして)がテーブルに置いてあったので、お好みで甘さを足して食べるんだったみたい。
それに気づいたのは、食べ終わった後だった・・・。





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
33位
アクセスランキングを見る>>