記事一覧

釜山旅行記 西面 絶品貝焼きナイト@スギネチョゲグイ

ホテルで休憩してから、2日目の夜ごはん。
釜山つったら、港町。
やっぱ海鮮でしょーーー!!

二枚貝好きのmojaoさんが釜山で是が非でも食べたかったのはチョゲグイ(貝焼き)でございます。

当初は、太宗台(テジョンデ)にあるチャガルマダンという海岸沿いのお店でチョゲグイ(貝焼き)を食べたかったのですが、2016年の台風18号の影響でお店が壊滅してしまったらしい。。
なんてこと!!!
2016年は台風が多かったものなー・・。

海雲台の有名店に行こうかなーと思っていたんですが、いや、待てよ。
前日に食べたカルメギサル(豚ハラミ)焼肉のお店、ナノカルメギの近くで貝焼きっぽいお店があって、かなり賑わっていたのを、ふと思い出す。

ググると、ワタシが一番最初にブックマークしていたお店(閉店したという情報があった)お店が復活していたじゃないか!

やたやた!




ってなわけで

IMG_9045.jpg

スギネチョゲグイ

ベビーカーがお店の前に置いてありますが、2歳くらい?の小さな子供連れのお母さん二人組がチャミスルぐいぐい煽ってましたよw やるな、釜山の母ちゃん。








IMG_9064.jpg

ワタシたちは19時ちょっと前に入店したので、すんなり入れましたが、お店はあんまり広くないので、続々とお客さんがやってきてあっという間に満席。
外で待ってる人もいました。
待たずに入るなら早めに行く方がいいと思われます。







IMG_9046.jpg

メニュー

貝焼き盛り合わせは小(35000ウォン約¥3500)、中(45000ウォン約¥4500)大(55000ウォン約¥5500)と、3サイズあって、これは単純に量だと思われます。
貝の種類は季節によって変わり、値段では変わらないんじゃないかなーっと周りのテーブルを見ていて思った。


真ん中はごはんや麺類で、ラーメン5000ウォン、海鮮カルグウス(うどん)5000ウォン、ごはん1000ウォンやトッピングのチーズ2000ウォンなど。
下段は飲み物メニュー。


ワタシたちは盛り合わせの小サイズ(35000ウォン)を注文。








IMG_9047.jpg

サービスの千切りキャベツと、なぜか鉄板に乗った目玉焼きが来た。







IMG_9048.jpg

ワカメスープ

ちょっとヌルかったのが残念だけど、わぁ~かめ、すきすき♪リケンのワカメスープと同じ味!
でも貝のかけらみたいなのがけっこう入っていたので、ちゃんと出汁とってるのかな?








IMG_9050.jpg

どどん!

でかい貝殻のはタイラギ貝、あとはホタテ。
真ん中のは、釜山で12月~2月が旬のトリ貝かなっと思ってたけど、ネットで調べると貝が縦にギザギザしてないのでハマグリかしら?ホンビノス貝??
奥の大きいのはホッキ貝かな~・・。






IMG_9068.jpg

日本の浜焼きと違うのは、焼いた貝をバターや青唐辛子と玉ねぎの入ったアルミホイルのボックスの中に入れてちょっと煮込む感じにしてから食べるところ。
釜山のチョゲグイは大概どこのお店もこのスタイルっぽい。







IMG_9052.jpg

最初にお店のオニイサンが焼いてくれます。
英語が少し話せるオニイサンだったので、「この貝は爆ぜるからすぐに貝殻から外してアルミに入れてね、これは貝の身の周りがブクブクしてから入れてね」ってな感じで説明しながらトングとハサミを器用に操って、貝から身を外してアルミボックスにどんどん入れていきます。







IMG_9054.jpg

調理バサミで細かくカットして少し煮込んでから、ちょちょいっと醤油をつけていただきます!




うんまぁぁぁぁぁ!!!!

なんてうまいんだ!!!




最初は、バター?ちょっと邪道じゃね?
やっぱ、日本人は醤油一択でしょーが!

っとか思っててゴメンナサイ。


バターはそんなにクドくないし、青唐辛子もほんのーりと辛味を感じる程度なので、どんどん食べられます。

貝のお出汁とバターのコクが出たお汁に〆のごはんや麺を入れたら絶対うまいだろうな。
ワタシたちは我慢出来ずスプーンですくって飲んじゃったけどw

2回目からは自分たちで焼くんだけど、これが慣れるまでは意外と難しい(ワタシが不器用なだけ?)
火の熱がトングに伝わってきて熱いし、貝柱が上手く剥がれなかったりして、手こずってたら見かねた店員さんがやってくれましたw







隣りの女の子グループが飲んでたビールが見たことないものだったので、頼んでみた。

IMG_9055.jpg

MAX


少しフルーティー(ってもエールビールみたいなフルーティーさね)で、飲みやすい味でした。
ワタシは韓国料理みたいな味の濃い食べ物には、ドライなビールが合うんじゃないかなって思うのでやっぱりCASS派。







IMG_9066x.jpg

さらにC1という釜山ではメジャーな焼酎にチェンジ。
チャミスルより甘くなくて、辛口で美味しいね。


二人だと小サイズで3回転くらい焼いて、ほどよくお腹も満たされるちょうど良い量。
日本じゃ浜焼きなんて、産地で食べてもけっこうなお値段するし、自分で焼いて食べるのも楽しい。
なんたって貝が新鮮で旨杉。
もうエンドレスで食べられる。
海の近くまで行かなくても西面の街中で、食べられるなんて最高!


貝なのでヘルシーだし、まだまだイケるけど、2軒目に向かいます!






IMG_9072.jpg

お店の前の生簀には貝がたんまり。





スギネチョゲグイ
ranking08-002.gif







にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。










このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
46位
アクセスランキングを見る>>