記事一覧

釜山旅行記 西面 釜山名物その2 ミルミョンのランチ@山城ミルミョン

2016年末の釜山旅行、最後のお昼ごはん。
この後、午後便で帰国します。

釜山にはソウルとはまた違う食文化があって、朝ごはんに食べたテジクッパとならんで、ミルミョンという冷麺があります。
いわゆる韓国冷麺(平壌冷麺)の麺はそば粉ですが、それを朝鮮戦争時に小麦粉で代用したのがミルミョンの始まりだそうです。

で、そのミルミョンを最後に食べて帰るよ。

冬に冷たい麺?ってワタシなんぞは思ってしまうのですが、以前連れの部下に韓国人の男の子がいたらしく、その子が『冷麺は冬に食べるものだ!』と言っていたそうで。
本来、参鶏湯は滋養強壮で夏に食べるらしいし、きっとこれも意味があるんだろうなー。



釜山には、いくつかミルミョンの有名なお店がありますが、ワタシが行ったのは西面(ソミョン)にあるお店。
もう本当に今回の旅行は西面界隈でしか食べてない。

当初は、春夏秋冬(プサンナビ記事参照)というガイドブックにも載っている西面のミルミョンのお店に行こうと思ったんですが、八角が効いているというクチコミを直前で見たので、急遽こちらへ。(ワタシ八角が苦手)



同じ西面駅界隈でも繁華街とは逆側にあって、まー、こっちはこっちで賑わっているんだけれど、本屋さんとか海鮮料理屋さんなんかがあるところを数分歩いて


IMG_9284.jpg

山城ミルミョン








IMG_9269.jpg

ミルミョンのお店に行くと置いてある(らしい)ユクス(牛骨スープ)はタンクからセルフでどうぞスタイル。


他にお客さんがいなくて暇だったからか、お店のオバチャンがとっても面倒見がよくて、ワタシたちが日本人だとわかると、色々世話を焼いてくれて、ユクスももってきてくれた。








IMG_9270.jpg

これがユクス

胡椒が効いていて、すっごく出汁が出てて美味しいスープ!!!
これにゴハンぶち込んでクッパにして食べたいくらい濃厚なお出汁のスープ。







IMG_9283.jpg

メニュー

シンプルにミルミョン4000ウォンとビビンミョン4500ウォン、それとマンドゥ(蒸し餃子)4000ウォンのみ。
あとはサリ(追加・替え玉?)1000ウォンと、右にある別のサリ2000ウォンの意味がよくわかんないんだけども。

小麦粉は最高級のもの、牛肉と豚肉は韓国産を使用しています、って書いてあって(Google翻訳で翻訳させた)素材にもこだわってますよー的なことが明記されてます。

後から来たオジチャンたちは、真っ赤なアツアツスープのクッパみたいなのを食べていたので冬季限定メニューかな?







注文を済ませると、お店のオバチャンがちょっとこっちにカメラを持って来い来いと手招き。


なになに?



オバチャンについていくと、お座敷の席の壁に貼ってある、いつかのテレビの取材?の写真を見せてくれて

IMG_9271.jpg

身振り手振りでミルミョンのできる様を説明してくれました。








IMG_9273.jpg

こんな感じで機械でにゅい~~んっと出た麺を水でシメるんだね。
いかにもコシがありそうだわ。







そんなこんなで、頼んだものが到着。

IMG_9276.jpg









IMG_9279.jpg

ムルミルミョン 4000ウォン(約¥400)

シャーベット状のスープの中に浸かったミルミョンとトッピングなどは普通の冷麺と同じよね。








IMG_9282.jpg

またまたオバチャンが世話焼いてくれて、麺をほぐしてからキッチンバサミで十字にカットしてくれて、「さ、お食べ」の図。


そば粉の冷麺はワタシはちょっと食感がゴムっぽく感じて、そんなに好きじゃないんだけど、ミルミョンは細いのにしっかりコシがあってムチムチした食感で美味しい。
細麺なのでツルツルっと食べやすいですな。

最初、ビビってタテギ(タレ)を別皿にどかしてから混ぜて(もらって)食べたんだけど、甘辛い感じなので、そのままタテギ混ぜて食べちゃっても全然大丈夫でした。

お好みで卓上のりんご酢や辛子を入れてねーっとオバチャン。

ワタシはこのままでも充分美味しいけど、酸っぱいもの好きの連れはお酢と辛子を入れた方が何倍も旨い!っと言ってました。








IMG_9277.jpg

ビビンミョン 4500ウォン(約¥450)

こちらは汁なしの辛い和え麺。


見た目は真っ赤なので火吹きそうだけど、こちらもけっこうタテギが甘辛くて、ちょうど良い味つけ。
ビビン麺には別皿でムルミルミョンが浸っているのと同じスープが付いてきます。

このスープは、お出汁と香味野菜的な旨みの中に、ほんのーり遠くに漢方の味を感じる複雑な味わいなんだけども、冷たいので口の中がサッパリして美味。

釜山に行ったら、またミルミョン食べたい。




山城ミルミョン
住所:釜山広域市 釜山鎮区 釜田洞 403-15
電話:051-819-6168
営業時間:10:30~21:30

ranking08-002.gif




いやはや、何を食べても釜山のごはんは美味しいわー。

ご馳走様でした。
急いでホテルへ戻ります。







にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。








このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
33位
アクセスランキングを見る>>