記事一覧

タイ旅行記 Cape Nidhra Hotel Hua Hin ケープニダラホテルホアヒン お部屋編

IMG_0494.jpg


mojaoさんの2017年の癒しの地は、ホアヒンにある5つ星ホテルCape Nidhra Hotel Hua Hin ケープ ニダラ ホテル ホアヒン でございます。
ホアヒンに行きたい!っと思ってからホテルを調べたら『もうココしかない!』と、一択でしたが、期待通り、いやいや期待を遥かに超えた満足度200%のホテルで近いうちにリピートしたい!!と思ったホテルです。


電車でホアヒン駅に到着したら、予めメールでホテルにお願いしていた送迎の方がネームプレートを持って、にこやかに待っていて下さいました。(←台湾の台東のホテルで送迎を依頼していたにも関わらずほっとかれた人)
ホアヒン駅からホテルまでは距離にして1キロほどですが、暑い中荷物を転がしながら移動するのはしんどい。
お値段は150バーツ。

ホテルに到着したのは12時くらい。

チェックイン時にウェルカムドリンクの冷たいお茶と焼き菓子が出ました。
ワタシがチェックイン手続きをしている間に連れはばっくばく食べてた。

ホテルのHPから直接予約したのですが、最初の1泊分だけ先に決済されており、残りの宿泊分をチェックイン時に決済という形でした。



チェックイン手続きはスムーズでしたが、お部屋には14時以降じゃないと入れないと言われたので、お昼ご飯食べたり、買い物したりして14時になるのを待って、レセプションに行くと、名前など聞かれることになくすぐにお部屋へ案内してくれました。
さすがファイブスター。






IMG_0056.jpg

ホテル内ですれ違うスタッフの方々は、皆さんにこやかに立ち止まって挨拶してくれるし、ホテルは街中にあるのに、ホテル内は植物がたくさん植えられていて、風通しも良いので、気持ちが良い。








IMG_0027.jpg

ワタシが宿泊したのはDeluxe Sky Pool Suite デラックススカイプールスイート という下から二番目のランクのお部屋。
二番目と言えども101㎡もあるので、ゆったり。
このお部屋に4泊しました。








IMG_0043.jpg








IMG_0020.jpg

バスルームも広ーーい。
そしてトイレに仕切りのない開放的な作りww








IMG_0025.jpg









IMG_0051.jpg









IMG_0050.jpg








IMG_0049.jpg

アメニティはタイの高級スキンケアブランドのErbのオリジナル。
Lemon grass&Bamboo と書いてありました。
泡立ちや香りはさすが。







IMG_0052.jpg

ビーチサンダルやビーチバッグも備えてあるのが嬉しい。







IMG_0041.jpg

ミニバー








IMG_0040.jpg

冷蔵庫はぎっちり詰まってます。
中身はすべて有料。








IMG_0042.jpg

値段はこんな感じ。








IMG_0029.jpg

テレビやDVDプレイヤーなどの家電は全て東芝製。
WiFiも快適に使えました。







IMG_0036.jpg

このホテルは全室にプライベートプールが備えてあります。
テラスの先は公園のような庭のような感じになっているのですが、整備されてるのに開放されてはいないので、私有地?
もしかしたらホテルが借り上げているのかな?
そのため、人目が全然気になりません。







IMG_0035.jpg

この水路は何かと言うと。








IMG_0032_20170525115540bd0.jpg

テラスのプールとバスルームは↑の写真の左側の水路を通って直接外から行き来できるようになっているので、濡れたまま部屋を通らなくてよいようになっていて、これが大変便利。
ホテルのHPの部屋紹介を見るとデラックススカイプールスイートだけの作りなのかな?


ワタシが宿泊した2017年5月の宿泊費は土曜日だけ9400バーツでそれ以外は8300バーツ(VAT・サービス料込み)
タイの5つ星のリゾートホテルでもプライベートプール付きで100㎡超えのお部屋としてはお手頃なんじゃないかと思うよ。



我々が宿泊した時の宿泊客は欧米人とアジア人半々くらいだったけど、ワタシたち以外の日本人は見かけませんでした。
ホテルのサイトが日本語にも対応していたから日本人利用者も多いのかと思いきや。

小さい子連れの家族もちらほら見かけたけれど、特に欧米人宿泊客は熟年カップルが大半なので、落ち着いた雰囲気なのも心地良かった。





Cape Nidhra Hotel Hua Hin
住所:97/2 Petchkasem Road, Hua Hin, Prachuap Khiri Khan, 77110 Thailand 
電話:+66 32 51 6600

http://www.capenidhra.com/










ホテルの斜め向かいに Villa market とセブンイレブンがあるので、買い物にも不自由無し!

cats_20170525121321415.jpg

ちなみにVilla market の品揃えは相当凄い。
長期滞在の欧米人も多く利用するのか、チーズや生ハム、お酒などの種類が豊富。

さっそく、つまみにチーズと生ハム、ジンとライムを買い込み、Villa market と同じ敷地にある、ワインショップで念願のタイワインを買って部屋飲み。ぐふふ。






素敵すぎる朝食会場や居心地抜群のプール、ビーチの様子などは別の日記で。






にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>