記事一覧

タイ旅行記 ホアヒンのフードコート Baan Khun Por Food Courtの活気が凄い!

この日の夜ごはんは宿泊しているCape Nidhra Hotel Hua Hin ケープニダラホテルホアヒン から歩いて10分ほどの場所にある屋外フードコートのBaan Khun Por Food Courtへ。
Cape Nidhra Hotel は高級リゾートホテルでありながら市街地にあるので、出歩くのもとっても便利。





さてさて、夕方からオープンしているらしいというくらいしか情報がほとんど無いまま、とりあえず行ってみようって感じだったこのフードコートが想像以上に凄かった!


IMG_0196.jpg

お~!!めっちゃ広い!
凄い賑わっている!!







IMG_0231_201705251413038e1.jpg

なんだなんだ、フェスか!?

ステージ上ではライブ演奏もしていて、めちゃくちゃ盛り上がっている!!
照明や音響スタッフもいて、演奏も結構本格的。
よくわかんないけど、この日はロックバンドとかメロコア系のハードな人たちが演奏してました。
このライブステージがメインでそのライブを見るために、飲食ブースがあるというコンセプトのよう。
これが台湾だったら近所のオジチャンのカラオケ大会だったりするのだろうな、と思ったりw



飲食ブースもたくさんあって、シーフード、鍋、イサーン料理屋、焼き物系、ステーキ、寿司(!)ありとあらゆるものがあるし、お酒を豊富に置いてあるバーもあります。

うおーー!ワクワクする!!

興奮しすぎて写真をあんまり撮ってなかったww






IMG_0200.jpg

ぐるっと廻ってどんなお店があるのか、チェックチェック。
色んなお店で好みのものを買ってきて、テーブルに持ち寄って食べられるのがフードコートのいいところ。
中には賑わっているけど、タイ語しか表記の無くてワタシにはハードルの高いお店もありますが、たいていは英語併記してるので、安心。
(タイ女子が群がるソムタムの店が凄く賑わってたんだよなー。でもタイ語しか書いてなくてビビリのワタシはチャレンジできず・・)







IMG_0203.jpg

まずはこのお店でムーピン(豚の串焼き)を。
このお店はSoi88からフードコートに入って一番奥にあるお店です。

メニュー表記がタイ語しかなかったんだけど、店員さんは英語で答えてくれるので、まぁ大丈夫。
チキンかポークを選べて15本~の販売している模様。
豚をお願いしました。






IMG_0205.jpg

たっぷりのピーナッツソースとピクルスもついて、15本60バーツ。
お肉も柔らかくてジューシーだしソースも甘ったるくなく、ピクルスも美味しかったよ。






IMG_0208.jpg

ドリンクブースにビールサーバーがあるお店があったので、そこで生ビールをお願いしたら、なんとサーバーが壊れていたらしく、既にピッチャーに注いであるものを冷蔵庫から取り出してグラスに注がれたものを渡されたよ。
びっくりするくらい気が抜けたクソ不味いビールだった。
なので別な店で瓶ビールを買い直しw

なんと大瓶のチャンビールが55バーツ!
しかもたっぷりの氷は無料。
最初、店員さんに「55バーツ」って言われたのがあまりにも安くて理解できず、ポカーンとしてしまったわ。
コンビニで買うのと変わらない値段でキンキンに冷えたビールとコップから溢れんばかりの氷までもらえるなんて・・。







IMG_0226.jpg

さらに好物のソムタムをこのお店で。
店員さんに口頭でオーダーしたら、「紙に書いて」っと。

でも英語で大丈夫。
辛さも「唐辛子いくつ入れる?席はどこ?」っと聞いてくれます。
注文が入ってからひとつずつ作っていくので、ちょっと待ちます。
ソムタム作るポクポクポクって音、いいよねー。
このBGM、アップルストアで配信してくれんかね。







IMG_0214.jpg

ソムタムタイ 35バーツ

唐辛子はひとつでお願いしたら、ちょうどよい辛さでした。
パリパリのパパイヤに塩味、辛味、酸味がちょうどよくて好みのソムタムが100円ちょっとで食べられるなんて・・涙。
たまにしょっぱ過ぎるのや、辛過ぎたり逆にへぬるかったりするのもあるけど、ここのはちょうど良いバランスでした。
調理してるところを見てたけど調理の人も丁寧にきっちり作ってる感じがしましたんでね。
このお店は、人気みたいでひっきりなしにタイ人のお客さんが来てましたんで、間違いないと思うよ。







IMG_0222.jpg

さらに、ワタシが食べたかったホイトート(タイ版お好み焼き)
中身はエビや牡蠣などのシーフードが入って50バーツ。

作っているところを見ると鉄板で多めの油で揚げ焼きみたいに作っていたので、表面カリッカリ、中もっちり。
日本のお好み焼きよりチヂミに似た食感。
生地にも塩気が付いてるので、ソースつけなくても美味しかった。







IMG_0218.jpg

このお店で購入。







IMG_0199x.jpg

屋根付きの席もあるから、雨の日でも楽しめるし、なんせ広いのでステージから遠い席に座ってれば、そんなに騒々しくないので、ライブに興味がない人もおしゃべりしながら食事できますよ。

トイレは有料(3バーツ)


この時は3店舗でしか食べなかったけど、どのお店も美味しかったし、ほかにも気になるお店やメニューが色々ありました。


ホアヒンに行ったらこのフードコートは絶対行くべし!
ワタシは日曜に行ったので、平日もこの賑わいなのかは不明ですが。
ワタシ的には観光客だらけのナイトマーケット行くより、こっちの方が断然オススメ致します。


いつの間にかこんなサイトが出来てる!
フードコートの名前であるKhun Por はゼネラルマネージャーさんの名前らしい。
タイでホテルやアパート経営をしている人みたいです。





Baan Khun Por Food Court
http://www.bkp-foodcourt.com/





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>