記事一覧

タイ旅行記 ホアヒンからバンコクへ移動 Phachara Suites Hotel パチャラスイートホテル

この日は、ホアヒンを経ってバンコクへ移動。
快適だったCape Nidhra Hotel ともおさらばだ。
お昼くらいにチェックアウトしたら、ちょうどアウトする客、インする客が重なったせいもあるけれど(それでもひと組ずつくらいだったけど)、やたら待たされた上に、手続きもドン臭くて、最後にちょっと残念だった…。


バンコクに移動する前に、ランチ。
そんなに時間がないので、初日にも来たホテル近くのお店、Kaewfa Ball Noodles でちゃちゃっと済ませました。

page_201709101253584a8.jpg

なんでホットサンド?
頼んだのはワタシじゃないのでワカリマセン。。




バンコクからホアヒンへの往路は鉄道で移動しましたが、ホアヒンからバンコクへの鉄道の時間は夜中とか深夜発になっていまうので、リムジンタクシーを利用。
公共機関だとバスもありますけどね。

IMG_0503x.jpg

ホアヒンのホテルからバンコクのホテルまで楽ちん移動にしました。
我々が利用したのはThai call taxi という会社。
事前にHPから予約しておきました。
英語ばっちりのサイトで、人数と荷物の数から車種を選択して、出発地と行き先、出発時間を記入して予約するだけ。
価格はこちらを参照下さいませ。

我々はファミリーカーを選択したのでホアヒン⇒バンコクまでの運賃は2200バーツ。
降りるときに運転手さんに手渡しでした。

手付金など一切無く、運転手さんの情報などの連絡もないので、若干不安でしたが、ランチから戻るとちゃんと運転手さんがホテルのロビーで待っててくれて声をかけてくれました。
因みに、連れ曰く、チェックアウト手続きしてた時点(出発時間の1時間前)で見かけたらしいので、だいぶ前からスタンバイしててくれたのかな。

バンコク市内がラッシュアワーになる前にホテルに到着したかったので、ホアヒンを13時に出発しました。
バンコクまでは約3時間で到着。
アソーク駅界隈でちょっと渋滞しましたけどね。この辺は恐らくいつでも渋滞してるんだろな。






IMG_0866_20170525150706faf.jpg

バンコクでの滞在はPhachara Suite Hotel パチャラスイートホテル
BTSナナ駅から徒歩5分弱の長期滞在者向けのホテルです。

今回バンコクでのホテル選びで連れから「洗濯機のあるホテルがいい」というリクエストがありまして、洗濯機が備わっていてBTSの駅から近くて、宿泊費が手頃なホテルを条件に選びました。







IMG_0506_20170525150654d12.jpg

部屋はキッチン付きで広いです。
バンコクで料理なんてしないけど。






IMG_0509x.jpg

キッチンも広々仕様。
一切使いませんでしたけど。





000_2017052515203848a.jpg

調理器具も充実。
料理しないけど





IMG_0529_20170525150704628.jpg

洗濯機は全室完備でシーメンス社の乾燥機付き。

洗濯機をまわしたまま出掛けたり、夜寝る前にセットして起きたら乾いてるっていうことが出来るので、時間を有効に使えるし、暑いタイでは着替えも増えるし長期の旅行だと汚れものをそのままにしとくのも嫌だから部屋に洗濯機サイコーだわ。
物干しも大型のものが備えてあるので、洗濯し放題。

ちなみにこのホテル、部屋の空調が冷房機とドライが切り替えられる。
海外でドライ機能のエアコン初めて見た気もするけど、そんなことない、のか??
最初冷房にしてたら、湿度がとれなくてちょっと不快だったけど、ドライにしたら、まー快適。
洗濯物もけっこうすぐ乾いた。







IMG_0520_20170525150702e5d.jpg

アイロンもあるぜ。
ちょっと畳み皺の着いたシャツをちょこっとスチームアイロンかけたけど、すんごいパワフルで軽くなでる程度のアイロン掛けで皺が取れてびっくりしたよ。
ワタシの持ってる無印良品のアイロンがク○なのか??






IMG_0532_20170525150705545.jpg

ダイニングコーナーもあり。






IMG_0517_20170525150700368.jpg

ベッドも広い。







IMG_0513_20170525150657bfe.jpg

このバスルームがねぇ・・・
なかなか曲者でして。

シャワーカーテンがバスタブすれすれの長さで短いのと、バスタブの「ヘリ」の作りのせいか、床がびっちょびちょになって、毎回ストレス。
滞在中、なんとか水漏れしないように、入浴中シャワーをこまめに止める、カーテンを極力壁とバスタブに密着させる、など色々工夫してみたんだけど、絶対床が池になる。







IMG_0516_201705251506596df.jpg

シャワーヘッドも固定式のため使いにくい。。



Hotels.comから予約したんですが、通常だと7000円しないくらいの宿泊費がたまたまセールをしていたのか1泊5500円ほどでした。
ただ、フロア間取り図を見るとワタシの部屋は他の部屋より狭いので、セールで出して埋めようってことだったんじゃないかと思われる。

IMG_0588.jpg




ナナ駅はアラブ人街もあるので、中近東系の利用客と日本人客が半々っといった感じでした。
この中近東系の人か断言はできないけど、同じフロアの部屋から不思議な音楽が早朝から大音量でかかっててちょっと迷惑だった。

あと、2日目に15時頃外出から戻ったらまだ部屋の掃除がされていなかった。
とりあえずシャワーを浴びたかったのでバスタオルを持ってきてもらった際に「あとで掃除に来ます」と言われたけど、休みたかったので、Do Not Disturb 掲示して夕方まで昼寝をし、夜ごはんを食べに出掛ける際にレセプションに掃除を依頼したら、掃除は10時~16時までしかしていないっと言われたので(ま、だいたいそうだろうけど)その日は掃除が入らず。



※良かったところ
部屋が広い
洗濯機やキッチン全室完備
駅から近い
マッサージ屋さん(いかがわしくないやつ)も近くにあり


※悪かったところ
バスルームの作りが残念
WiFiが安定してない
部屋にある体重計に5キロ誤差があるw
(試しに体重量ったらびっくりしたよ、5キロも太った!?と焦ったよ。
帰国後すぐに図り直したら変わってなかったよ、もはや誤差の範囲じゃないよ。)
歓楽街に近いので、ニヤけていきった日本人オッサンとタイ人女子のカップルをそこかしこで見て萎える・・。



色々不満はあるけれど、洗濯機がある広い部屋と長期滞在向け故の設備や手頃な宿泊費は魅力ではある。
連れはバスルームの使い勝手を差し引いてでもリピありらしいが、ワタシは、、、



無し。

バンコクには星の数ほどのホテルがありますのでね。
都市部のホテルはバスルームとかWiFiとか冷蔵庫の冷えとかそういうコトがワタシにとっては重要。



Phachara Suite Hotel
http://www.phacharasuites.com/





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。









このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>