記事一覧

小諸&軽井沢旅行 古民家の蕎麦屋さん田舎や&小諸温泉 中棚荘

2017年1月に行った香港旅行記の前に、5月に行った長野と広島の旅行記を先にサクっと備忘録を兼ねて。

まずは、GW明けて翌週末に行った長野旅行。
GWにタイに行ったばかりですが、贅沢にも続けて今度は小諸温泉へ行ってきました。

カメラを忘れてしまったので、ASUSのzenfone GO で撮ったので、画質が悪くてゴメンナサイよ。



P_20170513_123835_HDR.jpg

途中、お昼は安中にある田舎やでお昼ごはん。
江戸時代後期に建てられた古民家を利用しているので、雰囲気も抜群。







P_20170513_120629.jpg

メニュー







P_20170513_121857.jpg

かけそば 700円







P_20170513_122250.jpg

天ざるそば 1200円







P_20170513_122455.jpg

天ぷらは、海老、人参、ピーマン、さつま芋、舞茸。
大好きな舞茸の天ぷらが拳級に大きくて嬉しい。

たいてい冷たい蕎麦の方が美味しく感じるmojaoさんですが、今回は温かいお蕎麦の方が蕎麦の旨みを感じた気がしたなー。







P_20170513_130835.jpg




そば処 いにしえ 田舎や
住所: 群馬県安中市松井田町行田33
電話:027-393-1621









この日は生憎の大雨だったので、寄り道せずに宿へ直行。

小諸温泉の島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘
この宿、創業123年で歴史を感じる建物がたまらん。

MG_5999-2.jpg

こちらは宿のHPの写真を拝借。





あー、カメラ忘れたことが悔やまれる。


P_20170513_150208_HDR.jpg

泊まったのは大正館の浅間の間。

5月だけど、この日はけっこう涼しかったので、コタツもまだありがたい。







P_20170513_150455_HDR.jpg

雨だったので、窓から見える緑もしっとりしてる。




写真撮ってないけど、お風呂はぷかぷかとたくさんのりんごが浮いてるりんご風呂で、まーーー、気持ちが良い。
温度も永久に浸かっていられるくらいの適温で、ついつい長湯してしまう。
ぬるめの露天風呂も新緑に囲まれて、鳥の声が聞こえるだけで、まーーー、清々しい。

何度か入りに行ったけれど、ラッキーなことにほぼ貸し切りでした。




反して、無料の貸し切り温泉もあるけれど、洗い場面積に比べて湯船が小さくて二人で浸かると体育座りしていっぱいいっぱいなので、共同だけでもいいかな。






ごはんは食事処で、懐石料理です。


P_20170513_184125.jpg

先付けの蛸の酢の物と、初めて食べた鯉の洗い。

長野といえば、鯉。
恐る恐る食べたけど、臭みなどは一切なく、身は締まっていて、言われなかったら鯉とわからないよ。







P_20170513_185344.jpg

凌ぎは味噌だれの蕎麦餅と、焼き物は甘鯛の竹林焼き







P_20170513_185728.jpg

連れが馬刺し大好きなので、馬刺し付きのプランにしました。

肉厚にカットしてあって、程よく霜降りのお肉は柔らかいけど噛みごたえもあって、タレもお肉も美味しいんだけど、なーぜーゆーえに、薬味の生姜がチューブのなんだ・・!!
そこだけが唯一、最大の不満だ。。







P_20170513_192530.jpg

天ぷらはお昼ごはんに食べに行ったお蕎麦屋さんの田舎やでもあった、山菜のこしあぶらが出てきた。
こしあぶらはそのまま「漉油」と書くらしいんだけど、なんでこんな名前なのかしら?
あとは、蛍烏賊やたらの芽と牛蒡。

お酒は、途中から宿オリジナルのワイン、シャルドネのグラスをもらいました。
最初はサッパリ、ちょっと時間がたつとこっくりした味になって、なかなか美味しいワインですた。






P_20170513_194627.jpg

〆のごはんは筍ごはんと赤出汁。


いつも大食い選手権かのように、ごはんが盛大に出てくる宿に泊まっているせいか、最初は少ないかしら?っと思ったけど、最後は程よく満腹に。






P_20170513_200731.jpg

デザートは果物。







翌朝のお愉しみの朝ごはん。

P_20170514_084056.jpg

りんごジュースとヤギのミルクのどちらか一人ひとつずつ選べたよ。
地のモノが色々食べられる旅館の朝ごはんを食べてると健康になれそうな気がするねー。






P_20170514_104626_HDR.jpg

前日の雨とは打って変わって、翌日は晴天。







P_20170514_104727_HDR.jpg

中棚荘のワンちゃん、りぼんちゃん。
あと、ヤギもいたよ。


チェックアウトは11時なので、朝食の後もゆっくりお風呂に入れるのがありがてぇ。
さらに宿泊費も手頃なのに、休前日でもおひとり様の宿泊でもほとんど、部屋代が変わらない。
温泉旅館では珍しくクレジットカードも使えるという・・(驚愕)
こんな利用者側に都合の良い宿ってあるんだなー。

従業員の方のお仕事は皆さん丁寧で、気持ちよーく過ごせました。






中棚荘
住所:長野県小諸市古城中棚
電話:0267-22-1511




いつも海の幸が食べたくて、伊豆や千葉の温泉宿ばかり行っていたけれど、新緑の季節の小諸温泉は最高でした。







宿をチェックアウトした後は、道の駅と軽井沢のアウトレットに寄って帰りました。

P_20170514_144052.jpg

ミカド珈琲のソフトクリーム
ふわふわ食感。





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
40位
アクセスランキングを見る>>