記事一覧

広島旅行記 岩国錦帯橋&宮島観光

IMG_0928.jpg

5月某日、連れの誕生日のお祝いにかこつけて、ワタシが行きたいところに行先も告げずに連行するミステリーツアーを今年も慣行。
3年前の名古屋&伊勢、2年前は大阪&奈良、去年は長崎、そして今年は広島にしました。


一度広島旅行を計画してたんですが、原爆ドームが修復工事中になってしまったのでリベンジです。
週末を利用して1泊2日。


早起きして7時05分羽田発のANA便に乗って、まずは山口県の岩国空港へ。
岩国空港はかなりこじんまりとした空港だけど、まだ新しいのか綺麗でした。

岩国空港からも広島空港からも広島市内へは同じくらいの距離にあり、岩国空港の方が宮島に近いのと、コレが見たかったから。


IMG_0946.jpg

錦帯橋

岩国空港から15分くらい。


錦帯橋とわ。

1673年、岩国第三代藩主の吉川広嘉が錦帯橋を架けましたが、残念ながらすぐに流失しました。

しかし改良を加えて翌年再建された錦帯橋は、1950年9月にキジア台風による洪水で流失するまで276年の間、架替えを繰り返しながら威容を保ちました。流失後、鉄筋コンクリートで再建という意見もありましたが、市民の強い要望により、1953年に再度、木造の錦帯橋として再建されました。

平成13年度(2001)から平成15年度(2004)にかけて、劣化した木造部分を架け替える「平成の架替事業」を行い2004年3月、装いを新たに完成し、訪れる人を魅了し続けています。


By 岩国市公式ホームページ





IMG_0940.jpg

天気もいいので、カーブが映えますなー。






IMG_0954.jpg

入橋料は300円ですが、ワタシはロープウェイと岩国城の入城料がセットになったチケットを購入しました。
1110円のとこ、セットだと940円とお得!







IMG_0979.jpg

川の水がめちゃくちゃ綺麗!!

鮎がそよそよ泳いでるのが橋の上からでもはっきり見えるよー。

長閑で綺麗な田園風景なのに、週末なのに、全然地元の人がいないのが不思議。
河原でピクニックとかしたら気持ちよさそうなのに。







IMG_0963_20170529232408ce8.jpg

途中で岩国の名物のれんこんを使ったれんこんコロッケをつまみ食い。150円也。
揚げたてで、ほくほくサリサリの食感でうまい。






ロープウェイに乗って、岩国城のある袂まで。
乗ってる時間はわずか数分です。



IMG_0967.jpg








IMG_0972_201705292324129d4.jpg

天守閣からの眺めはかなり爽快です!
錦帯橋も見えますよー。



錦帯橋の次は宮島へ。
錦帯橋からは車で40分ほど。

宮島フェリー乗り場付近の駐車場は1000円/日の場所が多かったけど、JRの宮島口駅の反対側に1日500円の駐車場があったのでそちらを利用。






IMG_1002_20170529232416579.jpg

フェリーは片道180円、往復切符買っても360円。特に値引き無し。







IMG_0996_201705292324140d1.jpg

水面に浮いてるのは牡蠣棚かな~?







IMG_1005_2017052923241893a.jpg

宮島に着くと、鹿さんがわらわらと。
宮島の鹿は奈良の東大寺の鹿と違って、餌付け禁止だけど人に慣れてるので、のんびりしてます。
たまに観光客のポケットから冊子を盗んではむはむしていた。
紙食べるのはヤギだけじゃないの?







IMG_1017.jpg

参道を歩きながら、もみじ型のさつま揚げ的なものを食べる。

が、早起きして、羽田でコンビニのサンドイッチと、岩国でれんこんコロッケ1個しか口にしてない我々はつまみ食い程度ではまったく満たされず、腹ペコなので、厳島神社に参拝する前にお昼ごはんを。







IMG_1041.jpg

焼きがきのはやし

やっぱり広島に来たら、牡蠣だ。
焼きがきのはやしはガイドブックにも絶対載っているし、人気のお店なので行列必須。
相当の待ち時間を覚悟していたんだけど、週末の12時過ぎでも15分くらいで入店出来ました。







IMG_1018.jpg

牡蠣以外のメニューも豊富なので、牡蠣が苦手な人でも大丈夫。


牡蠣好きの連れに、生、焼き、フライ、ごはんの牡蠣づくしが食べられるかき三景定食2780円を食べてもらいたく、このお店にしました。







IMG_1019.jpg

生牡蠣には鳥居もついてきたよw







IMG_1020_20170529232423a37.jpg

冬が旬の広島の牡蠣だけど、このお店では一年中3年ものの立派な生牡蠣が食べられるのですねー。
もみじおろしとレモンの2種類の味が楽しめるよ。
ちなみにワタシは生牡蠣がそんなに好きじゃないので、食べていないけど、連れは口いっぱいに頬張って、ん~まい!っと唸ってました。







IMG_1024.jpg

肝心の牡蠣が見えてないけど、牡蠣ごはんの牡蠣もふっくらぷりん!







IMG_1027.jpg

フライはタルタルとケチャップで。
これは意外と普通だったかしら?




っというか、こっちが旨すぎて霞んだ。



IMG_1029.jpg

さすが!店名にもなっている焼き牡蠣。
一口じゃ食べきれないほどの立派な牡蠣。
店先で焼いているんですが、殻の中で蒸し焼きにされているからか、旨みが濃厚で何もつけずとも磯の香りと塩味でうまままま。

いつか冬に広島に来て、かき小屋で焼き牡蠣パーリーしたいもんだ。







IMG_1033_201705292324293df.jpg

あなごめし 1700円

牡蠣以外にも名産なのが、あなご。
宮島にはあなごめしのお店も多々ありまして、焼きがきのはやしの隣りもあなごめしのお店で行列してました。







IMG_1039_20170529232431fc1.jpg

ワタシは牡蠣より穴子が好きなので、あなごめし。
ふわふわでトロケる食感というより、むちむちした食感でした。
これも穴子なんだねぇ。
タレは甘さとしょっぱさがくどくなくていいあんばいでした。






焼きがきのはやし
住所:広島県廿日市市宮島町505-1
電話:0829-44-0335
営業時間:月~金 日祝10:30~17:00 日曜10:30~17:30 水曜定休

http://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp/





お腹もいっぱいになったので、厳島神社へ。

IMG_1066_20170529232539b97.jpg

なんと宮島に着いた時には、海に浮かんでいたのにお昼ごはん食べてる間にすっかり潮が引いてしまっていたよ。
ガビーーーン








でも

IMG_1069.jpg

鏡の池が見られたり







IMG_1124.jpg

鳥居が間近で見られたり







おみくじを引いたら、あんまり良い事書いてなくて、旅立ちの欄に「ひかえてよし」と。








いや、、ひかえませんよ!!!








IMG_1138.jpg








IMG_1156.jpg

参道に戻って、もみじ饅頭で東京民にもお馴染みの藤い屋で休憩。

宇治抹茶のカキ氷と出来立てのもみまん。
個人的にカキ氷の器がカステヘルミなことにニヤつく。
なんとカステヘルミだけじゃなく、ティーカップもロールストランドだったよ。


さすが和菓子屋さんの抹茶とあんこは、うまい!!
抹茶は濃ゆく、あんこは甘さ控えめでありんす。







IMG_1159.jpg

出来立てで温かいもみまんは外サクサク、中ふんわり。
お土産で貰って食べなれているもみじ饅頭とは全然別物だよ!!
ひとつ90円。


ちなみに店内で食べられるもみじ饅頭は数種類ありますが、店先で作っている出来立てが食べられるのは「こしあん」のみ。
出来立てが食べられるなんて嬉しい。



ぼちぼち広島市内へ移動します。



つづく




にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>