記事一覧

タイ旅行記 ホアヒン タイワインのぶどう園 Monsoon Valley Vineyard に行ってみた

2017年GW、タイ旅行記 ホアヒン3日目。

ワイン大好きmojaoさん、ぶどうからタイで生産しているタイワインを是非飲んでみたい!と去年バンコクのスーパーのお酒コーナーなどでタイワインを探し歩いてみたけれど、見つからず。
(最近は都内のタイ料理屋さんでも置いてあるお店が多いですけどね。)

むむむ、どこに売ってるんだよ?

と調べて行く中、ホアヒンにタイワインMonsoon Valleyのぶどう園があると知り、ならもう生産地に行っちまえ!!!

ってことで、やってきました。
今回ホアヒンにやってきた最大の目的がこのMonsoon Valley Vineyard です。

ただ、この時はこのぶどう園にワイナリーも併設されているものと思っていたんだけど、ワイナリーは別な場所だったよ。。
Samut Sakornというバンコクから西に60キロくらい行ったところにあるSiam Winery(サイアムワイナリー)。
詳細はコチラ

次回はココだな。



さて、ぶどう園はホアヒン市街地からは車で45分くらい。

個人で自由にタクシーやレンタカーでも行けますが、我々は宿泊してるホテルの Cape Nidhra Hotelの目の前にあるHua Hin Hills Bistro & Wine Cellarホアヒンヒルズビストロ&ワインセラーというこのワイナリー直営のレストラン兼ショップから出ている送迎車を利用しました。

IMG_0484.jpg

一人300バーツで、1日2往復しており、ショップで予約できます。
午前10時半にHua Hin Hills Bistro前から出発し、14時にぶどう園を発つ便と、15時にHua Hin Hills Bistroを出発してぶどう園を18時に出る便があります。

ぶどう園訪問に関しての情報はコチラにありますので参照下さいませ ⇒ Monsoon Valley HP

ワタシは10時出発の便を利用。
一度に何人まで送迎してるのか不明ですが、我々が乗った車はワゴン車でした。

ワタシは予約したHua Hin Hills Bistro から乗車したのですが、我々以外にもうひと組欧米人カップルのお客さんがいまして、彼らはCentara Grand Beach Resort & Villas Hua Hin センターラグランド リゾート & ヴィラズ ホアヒンから乗車してきたので、近くのホテルからならピックアップしてくれるようです。(ホアヒンを代表する5つ星リゾートホテル。ホテルの敷地にチョロっと入っただけですが、建物やエントランスがステーキなホテルでした)






Monsoon Valley Vineyard に到着するとすぐにレストラン The Sala に案内してくれまして、ウェルカムドリンクのぶどうジュースをかけつけ1杯。(送迎料金に含まれていると思われる。)


IMG_0237_201708211903489be.jpg

フレッシュなぶどうジュースは甘さすっきりで冷たくて、うめーー。





IMG_0246_20170821190350e5e.jpg

前の前に広がるのはひたすら広大なぶどう畑と、カラリと晴れた青い空。

ちなみに送迎車を予約して訪問すると、レストランの中で一番眺めの良い特等席をリザーブしておいてくれますよ。





この広大なぶどう畑をジープやマウンテンバイクで廻ったりもできますが。




ワタシがしたかったのはコレ

Activities-Elephant20Ride-print.jpg
HPより(クリックで拡大します)

象さんに乗ってぶどう園を見て廻るエレファントライドツアー。

昔々、大学の卒業旅行で訪れたプーケットでワタシは象に乗ったことがあるのですが、連れは初体験。
背中に生えてる毛がチクチクしてこそばゆいんだよなー。






IMG_0254.jpg

こちらが我々を案内してくれる象さんと象使いさんです。
象使いさんは日焼け防止のために完全防備です。






IMG_0266.jpg

ゆっさゆっさ揺られながら象の背中に乗ってぶどう園をお散歩。
象使いさんは象の後頭部辺りに跨がり、足でクイクイっと象の耳の付け根辺りをつつきながら、右に左に誘導していきます。

こちらのぶどう畑では3月にぶどうを収穫するので、5月のこの時はぶどうはなっておらず、ちょっと寂しい絵ヅラですが。







IMG_0267.jpg

見えてきたのがレストランのThe Sala
15分と30分のコースがありますが、けっこう揺れるのと暑いので15分で充分楽しめます。
途中で象使いさんがワタシのスマホで写真撮ってくれたりします。(ブレブレだったけどw)


レストランに戻ったらランチタイム。



IMG_0276.jpg

白・ロゼ・赤の3種類のワインを75mlずつテイスティングできるセット(290バーツ ちなみにもっとお高いワインだと650)と料理をアラカルトでいくつか頼みました。

料理はタイ料理以外にもパスタやステーキなどのメニューもあり、おすすめのワインがそれぞれ併記してありますので参考にしてグラスワインを色々頼むもヨシ、ボトルでがっつり飲むもヨシ。






IMG_0278.jpg

むずかしいコトは一切ワカリマセンがフレッシュで美味しい白ワイン。
キンキンに冷やしてぐびぐび飲みたい。

辛口のロゼや赤も軽い飲み心地で暑いタイにはぴったりだと思う。






IMG_0275.jpg

CUVEE DE SIAM BLANCもグラスで頼んでみたよ。
グラスでも450バーツ。
ワタシが普段家で飲んでるのが安いチリワインなんで、それよりも高い。






IMG_0284.jpg

MIXED THAI APPETIZERS 340バーツ(約¥1088)

チキンソテーや春巻きなどのタイ料理の前菜プレート。
意外や盛りがいいぞ。





IMG_0286.jpg

PHAD THAI 240バーツ(約¥768)

有頭海老が乗ってるとちょっとゴージャスに見えるパッタイ。
味は、まぁ普通w





IMG_0291.jpg

TOM YAM TUNA LOIN SALAD 420バーツ(約¥1344)

マグロのトムヤムサラダ。
見た目の爽やかさに反して、けっこう辛かった。
欧米人向けにマイルドなんだろうなーっと高を括っていたら・・意外と容赦ない。






IMG_0296.jpg

TAPIOCA YELLOW MANGO PUDDING 190バーツ(約¥608)

最後にデザートにマンゴープリンとココナッツアイス。
このデザートが一番美味しかったかも。

辛いタイ料理にはやっぱりぐびぐび飲める冷たいビールや炭酸飲料なんかが合うんじゃないかなーっと思ったりもしましたが、辛くないお料理ならワインも合うんじゃないかなー。


ランチのお会計は全部で2177バーツでした。






IMG_0298.jpg

レストランの中にはお土産ショップも併設。
ワインはボトルで750バーツ~






IMG_0301.jpg

ぶどう園ならではのお土産だとぶどうジュースやジャムなど。






IMG_0302_20170821190409da1.jpg

Tシャツなんかも売ってました。






IMG_0297.jpg






IMG_0310_20170830003208567.jpg






IMG_0304.jpg

いつか撓わになったぶどうを眺めたい・・。


帰りの送迎車内で同乗した欧米人の方が「Too much」って言ってたんだけど、ワタシはなかなか楽しめたMonsoon Valley Vineyard。
タイにしてはまぁまぁ値は張りますけど。
そういう意味でトゥーマッチだったのかな・・?




Monsoon Valley Vineyard
https://www.monsoonvalley.com/





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>