記事一覧

タイ旅行記 バンコク 何食べても旨い!Krua Apsornクルアアプソーン

アナンタサマーコム殿にある博物館で、タイのお宝を見て目の保養をしたらお腹が空いたぞよ。

イギリスBBCの番組、ひげ面ライダー食のアジアを行く!タイ・バンコク編で紹介されていて、ずっと行きたいと思っていたお店へ行きますぜ。
(この番組大好きで録画したのを何度も見返している)公共放送だからか店名などの詳細は出てこないんだけども、メニュー表が写った時に小さく店名が書いてあったのを目を凝らして見つけたというw

アナンタサマーコム殿から地図上だと、すぐ近くなんだけれども、暑いので徒歩は無理。
スマホでルート検索していたワタシに宮殿近くにいた警官が「どこに行きたいの?」と声をかけてきて、トュクトュクを止めてくれました。
警官経由ならボったくられることは無いんじゃなかろうかと思ったけど、トュクトュクの運転手はチラっと警官を見て「100バーツ」と。
警官が「100バーツって言ってるけどどうする?」

完全にボられてるし、直前に停めたメータータクシーでも100バーツと言われて断ったんだけど、ここら辺は観光地なので、彼らのぼったくり相場なんだろうな。
むしろ最初に値段が確定している方が、変に遠回りしたりされるよりいいわ。
朝のタクシーに相当怒りを感じている
運転手さんは近くにあるタイ国立図書館で降ろしてくれました。





IMG_0637_20170910134541b31.jpg

Krua Apsorn

プミポン前国王の王妃の専属料理人でもあったダエンさんという女性が切り盛りするお店です。
番組ではグリーンカレーの作り方を習ってました。
この日もダエンおばちゃんはいて、仕込みしてるのかと思いきや、従業員の賄い作ってました。





IMG_0620.jpg

メニューは写真付きでわかりやすい。
詳細はこちらのページを参照下さいませ。





IMG_0628.jpg

イギリスのテレビ番組で取り上げられるくらいだからもっと欧米人観光客だらけなのかと思ったら、満席の店内はほぼほぼ地元の方。
しかも近所で働いているOLさんとか、有閑マダムチックな品のある女性客が多数で、照明の灯りや温かみのあるインテリアも素敵なお店。





IMG_0615.jpg

氷を頼んだら、3分の1くらいに水を張ってそのまま凍らせたジョッキが来たよ。
このスタイルはお初だわ。





IMG_0617.jpg






IMG_0619.jpg

カイフープー 100バーツ

蟹肉のオムレツです。
ふわふわトロトロ食感のオムレツではなくて、固め食感で塩気も濃いめで中にゴロゴロと蟹肉が入ってました。






IMG_0627.jpg

ソムタムタイ 70バーツ

見たら頼まずにはいられないソムタム大好きmojaoさん。
辛さは控えめ。





IMG_0622.jpg

パットドックカジョンムーサップ 100バーツ

これ美味しかったなー。
夜来香という花のつぼみとひき肉をオイスターソースで炒めた料理。
ごはんに合うしっかりめの味つけ。
夜来香のつぼみは東南アジアでは食材としてメジャーなんだってさ。
ちょっとシャクシャクした食感で味にクセはありません。





IMG_0632.jpg

トムヤムクン 170バーツ
プーパッポンカリー 450バーツ






IMG_0631.jpg

このプーパッポンだけちょっとお高めですが、剥き身の蟹肉がどっさり!!贅沢!
超~~うまい!!
フレッシュなエシャロットの辛味がまた良い!

ごはん、ごはんプリーズ!!!






IMG_0634.jpg

あら、ハート形♡
ここ、お米もちゃんと美味しかったなー。





IMG_0633_2017091013453251e.jpg

トムヤムクンは酸味、辛味、甘味のバランスが良くて、大きな海老が4尾も入っており、頭のミソもたっぷり残っているので濃厚なお味。


このお店、何を食べても美味しかった。
盛り付けも丁寧で綺麗なところも良かった。
エアコンも効いているし、雰囲気も素敵なのにお値段はお手頃なので、バンコクに行ったら絶対また行きたい。
ビール2本飲んでお会計は1141バーツ(約3700円)でした。

あ~、またあのプーパッポンカリー食べたいな~・・。


Krua Apsorn
電話:02-241-8528
営業時間:10:30~20:00

http://www.kruaapsorn.com/

HPを見るとバンコク市内に他に5店舗あるようです。




この後はお店のすぐ近くのバス停からBTSのラチャティーウィー駅までバスで行き、BTSに乗ってホテルへ戻り、夜ごはんまでホテルでしばし休憩。


にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ

プロフィール

mojao

Author:mojao

台湾のお天気

最新記事

タグリスト

タグづけしてみました。
メニューや地域別で検索する際はこちらからお願いします。

カテゴリー

独断と偏見で勝手に☆付け

ranking08-001.gif
この味、『ネ申』じゃね?
ranking08-002.gif
うんまい!リピ決定
ranking08-003.gif
まぁまぁ。普通
ranking08-004.gif
あまり好みじゃない
ranking08-005.gif
あり得ん!潰れろ(怒)

登録してみました

為替レート

台湾本

台湾に行こう!
b-new3.gif

台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編 [ 台湾大好き編集部 ]


台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ 言葉がわからなくてもこれ一冊で移動はOK! (JTBのムック)


わたしのすきな台湾案内 [ 柳沢小実 ]
台北版は散々既出の他の台湾本と変わらないけど、こちらは地方の情報があるのが良いネ


私的台湾食記帖 [ 内田真美 ]
台北はベタな情報が多いけど、台中と料理研究家の方なので食材情報がためになる


行く前に知っておきたい台湾の得ワザ300
300は無理やりな感じはあるが、知らない情報があればラッキー


すごいぞ台湾
有名どころからあまり知られていないものまで台湾のステキグッズが満載


ほっこり、台湾レジャーファームの旅


LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾 [ LIP(田中佑典・西山美耶) ]


タイポさんぽ台湾をゆく [ 藤本健太郎 ]


台湾行ったらこれ食べよう! [ 誠文堂新光社 ]


台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編 [ 台湾大好き編集部 ]


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2016年 04月号 [雑誌]
さすが他では見たことないゴージャスな台湾満載


台湾カルチャー・クルーズ


台湾迷路案内 [ 松田義人 ]
ちょっと変な台湾への旅


台湾おしゃべりノート
台湾のガイドブックを作成している編集者のとっておきの台湾情報。


わたしの台南 [ 一青妙 ]


台湾環島南風のスケッチ


路 吉田修一
台湾新幹線を建設した日本と台湾の人々を描いた群像小説。
主人公の日本人OLと台湾人青年との淡い恋が台湾映画のような胸きゅん(死語)です。


台湾自転車気侭旅
自転車で台湾を一周した石田ゆうすけさんのエッセイ。台湾の人々との触れ合いのエピソードが素敵です。



台湾を食べよう!


台湾一周!安旨食堂の旅 [ 光瀬憲子 ]

台湾縦断!人情食堂と美景の旅 [ 光瀬憲子 ]


美味しい台湾 食べ歩きの達人 [ 光瀬憲子 ]


美食の台湾料理 かの台北の有名店、欣葉のレシピ本
素人が家で作るにはなかなか難しそうだけど、眺めてるだけでも楽しい


台湾無印美食
台湾美食の名店・老舗が詳細に紹介されています。
写真もキレイ。


台湾素食(すーしー)
台湾の町を歩いていると見かける「素食」の文字。これを読んだら素食に俄然興味が沸いてくる~。


台北美味しい物語
台北在住の日本人が書いた台北庶民の味本。
現地人に紛れてゴハンしたくなります。


台湾好吃大全
台湾独自の食文化が紹介されている本。

おうちで台湾ごはん


台湾かあさんの味とレシピ [ 台湾大好き編集部 ]


Winnieの台湾キッチン、いつものおもてなし


Winnieの台湾キッチン

台湾を知ろう!


日本統治時代の台湾


図説台湾の歴史
台湾人の歴史研究家によって書かれた台湾の歴史本。
台湾は親日家だ、などと簡単には片付けられない複雑な歴史が台湾の人によって描かれている点でも貴重な本だと思います。
写真や資料もたくさん載っていてわかりやすいです。


観光コースでない台湾
台湾の街歩きをしながら台湾の歴史を知るのに適した一冊


街道をゆく(40)
司馬遼太郎氏が李登輝さんと親交があったなんて!貴重な対談も載ってますよ。


台湾 メディア・政治・アイデンティティ [ 本多周爾 ]
台湾のマスメディアの歴史について書かれた一冊。
台湾ってなんであんなのテレビのチャンネルが多いんだ?のギモンも解決。

台湾茶を飲もう!


台湾のお茶屋さんや茶芸館が紹介されている本。
どのお店も素敵で制覇したくなる!


茶人と巡る台湾の旅


はじめての台湾茶


台湾で話そう!


単語でカンタン!旅行台湾語会話 [ 新台湾文化学院 ]


台湾中国語 [ ECC外語学院 ]


台湾語会話フレーズブック [ 趙怡華 ]
分厚いので持ち歩きはムリだけど、短いフレーズが北京語と台湾語両方載ってます。

台湾でキレイ

絶賛愛用中の阿原肥
日本でも買えるようになりました!








台湾映画


九月に降る風
登場人物がみんなカワイイ。THE・青春


モンガに散る
1986年の台北が舞台。若者がヤクザの世界にハマる様を描いてます。硬派な役のイーサンルアンに惚れる!


ヤンヤン 夏の想い出
なんつったってヤンヤンがカワユス!


海角七号 / 君想う、国境の南
台湾で爆発的にヒットした映画

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>